« 朝日杯FS 大本命馬の連勝を止め、おまけに私の連敗を止めてくれた・・・2歳王者はロゴタイプ | トップページ | 桜花賞・・・春、ですね。 »

2013年5月19日 (日)

オークス 忘れたころにやってきたメイショウマンボ・・・&幸四郎J

「なんとかは、忘れたころにやってくる」

なんて、どこかで聞いたような言葉ですが、

「俺たちがいるのを忘れていたのかい」

とばかりに今年のオークスを制した武幸四郎J&メイショウマンボは、ふとそんな言葉を思い出させてくれたのです。

そのメイショウマンボは、終わってみれば血統的には勝っても不思議でない、納得・・・うんぬん言われてますが、私だって今回のオークス、私なりに、それなりに血統を意識した馬券作戦だったんですけどね・・・。

私の本命は、ずばりクロフネサプライズです。

ここにきて一時期の低迷を脱したかに思える武豊Jを、今年はちょっと注目+応援してみようかと思っていて(ちょっとかい!)、実は桜花賞でも本命にしてたんですけど。

今回はまた人気が落ちそうで、けっこう狙い目かと思ったんですが、おや、よく見たらこの馬、母父トニービンじゃあ~りませんか。

東京2400の舞台なら無視できないのではないですか。

だとしたらこの馬、いつ買うか? 今でしょ?(笑)

それに桜花賞で人気を裏切った馬が、オークスで人気を落として激走するってことは、よくあることですしね。(ん?よくあったっけか?まあいいや)

そしてオークス2着の実績があるゴールデンジャックを母に持つ仔、プリンセスジャックもまた、血統から無視するわけにはいきませんね。

個人的にはこの馬、鞍上が福永Jということもあって、何年か前にオークス3着だったジェルミナルとイメージがダブるんですよ。

あ、それと以前よく言われた「牝馬の福永」ですよ。

あとは、桜花賞で一番強い印象を受けたレッドオーヴァルが、やっぱり怖い存在。

自分としては、アユサンが鞍上を丸山Jに戻して牝馬二冠を達成するというドラマよりも、C・デムーロJがお手馬を変えて牝馬二冠を奪取するというドラマのほうが、ありそうだな、と思えてしまったので・・・(笑)。

というわけで私の馬券は、1→16→14の3連単が本線です。



13051901とは、やっぱり桜花賞馬は、たいていオークスでもそこそこ走ってくるので、アユサンも警戒したのですが、いちおう1レッド-16クロフネを二頭軸で三連複流しとしました。

レースはTVの中継で見ていましたが、途中までは期待通りの展開で、クロフネが外枠からスタートを決めて、一人旅に持ち込みます。
レース前の解説で、「前が止まらない馬場状態」と聞いていたので、シメシメと思っていたのですが、1レッド14ジャックがやや後ろめの位置取りで、そちらはちょっと心配です・・・。

一番人気のデニムアンドルビーは最後方からの競馬で、実況はなんやかやと騒いでいましたが、こちとらこの馬、はなから眼中になく、ほとんど無視だったので、別に気にならず(笑)。

直線に入って、クロフネがリードを保ったまま残り400を切ったところで、レッドがいったんスパッと内に切れ込んで、一気に差を詰めてきたときには、

「お、やっぱり来るか・・・」

と力がはいり、淡い期待を持たせてくれたんですけどね・・・。

が、その時、一頭の馬が内側から斜行気味に外へ持ち出してきて、それがメイショウマンボでした。

目の前が開けた途端、弾かれたように、それは伸びる伸びる。

クロフネ以下、先団を形成していた馬たちをあっという間に交わし、幸四郎J歓喜のゴールか・・・と思ったのですが・・・(笑)。

ゴール時の幸四郎J、何事もなかったかのような、いたって冷静な仕草で、どこか人を食ったような感じが、なんか彼らしくて、いいですねえ。

見ているこちらも思わずニンマリです。

でも実際、TV画面に映し出された、あっけにとられてる大観衆の画には、笑いましたけどね。

この時の幸四郎Jの心境を、勝手に想像すると、こんな感じ?
私の関西弁がおかしかったら、ゴメンナサイ。

「あらら、勝ってもうたわ。
 なんか知らんが、うまくいきよったな。
 アニキが引っ張ってくれたんで、馬にしがみつい取ったけど、
 気が付いたら、前に誰もおらんやん・・・ま、ええか。」

・・・て、そんなことはないかも知れないけど、っていうか、そんなことあるわけないんですが、

「よっしゃーっ。やりましたーっ」

的な派手なガッツポーズなどしないところが、実にいいです。

逆に、ある意味、久しぶりに存在感を見せてくれたんじゃないでしょうか。
うん、よしよし・・・と。

2.3着に来たフローラS組は、自分としてはノーマークでしたが、ゴール前、ほとんどマンボ-エバー-アユサンで大勢は決したかに見えた状況から、デニムは、よく3着に来ましたね。
さすが1番人気、いちおう褒めておきます(笑)。

ありゃ、そして私の馬券、終わってみれば、散々な結果ですな~。
ほんと、こりゃひどいわ(笑)。

本線だった1→16→14は、それぞれ17着→12着→11着だって・・・。

しかしそれでも競馬は続いていくのです。
そうです、今年も早いもので、来週はいよいよダービーです。
牝馬よりは固めに収まりそうな気はするのですが・・・ま、多少、ひねりますけどね(笑)。

|

« 朝日杯FS 大本命馬の連勝を止め、おまけに私の連敗を止めてくれた・・・2歳王者はロゴタイプ | トップページ | 桜花賞・・・春、ですね。 »

コメント

俺も,クロフネサプライズから流しましたねー.
ダメだったですね.

投稿: HAWK2700 | 2013年5月20日 (月) 21:05

HAWK2700さん、ご無沙汰してます。

桜花賞の上位馬が、ここまで馬券に絡まないオークスも珍しいんじゃないですか。
メイショウマンボは、ヒモにも買ってませんでした。

投稿: じんぺい | 2013年5月21日 (火) 18:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166651/57420068

この記事へのトラックバック一覧です: オークス 忘れたころにやってきたメイショウマンボ・・・&幸四郎J:

« 朝日杯FS 大本命馬の連勝を止め、おまけに私の連敗を止めてくれた・・・2歳王者はロゴタイプ | トップページ | 桜花賞・・・春、ですね。 »