« G1馬券簿 フェブラリーS | トップページ | G1馬券簿 皐月賞 »

2007年4月 8日 (日)

G1馬券簿 桜花賞

早いもので今年ももう四月、、、春。
競馬もクラシックシーズンの到来です。
とりわけ、牝馬のG1ってのは、なぜかやっぱりワクワクしてしまうのです。

暖冬の影響で、今年は桜も3月中には散ってしまうのではないかと心配されたものですが、何とか桜花賞ウィークまで持ちこたえてくれて、華やかさを盛り上げます。
やっぱり入学式と桜花賞に、桜は欠かせませんからね。

さて3月は、せっかくの中京開催にも、一度も足を運ぶことなく堕落した日々を送り(笑・土曜日が仕事で休めなくなったのが大きいんですけど)、中京唯一のG1高松宮記念では、当初の本命だったスズカフェニックスに直前の雨で若干の不安を感じ、プリサイスマシーンへ乗り換えて玉砕。
あ、もっとも2着のペールギュントは、どっちみち買ってなかったっけ(笑)。
んー、何が言いたいか自分でもよく分からんが、ま、とにかく競馬に対して微妙な距離感を感じながら過ごした3月でした。

そんな気分も一新したくなる、1年で1番華やかなG1、桜花賞
今年はウォッカ、アストンマーチャン、ダイワスカーレットが3強と言われ、実際、その3頭が確実に馬券に絡むと思われます。
過去の戦績を考えても、3着以下を大きく引き離しての1、2着となった阪神JFでのウォッカとアストン。
同じくチューリップ賞でのウォッカとダイワ。
その他、エルフィンSフィリーズRでもウォッカとアストンが圧勝していることから、この3頭と他の馬との間には、現時点では決定的な能力差があると思います。

しかしながら、その3頭だけの組み合わせで馬券を買っても、つまらないので、それ以外の馬を、一角に加えての3連馬券作戦にうって出ます(笑)。
そうなると3強のうちの1頭を苦渋の選択で落とさなくてはならないのですが、迷った末に、やはりチューリップ賞の1、2着は強力、との結論から、アストンマーチャンを切ることを決断しました。

そして2頭のうち、今年の桜花賞は、ダイワスカーレットに賭けてみます。
今年は阪神コースが改修されて、初めての桜花賞ですが、以前から

「桜花賞の外枠は不利」

というのが定説で、

「G1を阪神の1600Mで戦うのは不公平」

なんて言われていましたが、JRAとしては、コースが改修された今年、ダイワスカーレットに勝ってもらって、「大外枠不利」のイメージを払拭したいはず。
それと個人的には、現役時代、クラシック戦線で常に好走しながらも惜しくも無冠に終わった、かの名牝スカーレットブーケの娘に桜花賞を獲らせたい気持ちでいっぱいなのが正直なところなんです。

0704081 で、とりあえずウォッカは2着に来るとして、3着候補ですが、3強が揃って外枠に入ったので、1頭ぐらい内枠の馬が馬券に絡むのではないかという安易な推測から、当初は前走クイーンC勝ちが不気味なイクスキューズに狙いをつけていたのですが(お、北村騎手だし、3着あるかな・笑)、結局、その馬を物差しにして、それほど能力的に差のなさそうなカタマチボタン、レインダンス、ローブデコルテも加えた4頭に流すことにしました。
それとダイワ→ウォッカの馬単も押さえます(配当、低いですが・・・笑)。

レースはアマノチェリーランが強引気味に逃げるのを、アストンがかかり気味に追いかけます(この馬を切った私としては、シメシメ・笑)。
と思いきや、その後ろから私のスカーレットまでもが、かかったのか、猛然とすっ飛ばしていくではあーりませんか、あわわ。

しかし差す競馬をしなくてはウォッカには勝てないのではないかと思われるアストンに対して、どっちみち切れ味勝負ではウォッカに対して分が悪そうなスカーレットは、前で競馬するのは自然の成行と考え、ここは腹を決めてレースの流れを見守ります。

それでも4コーナー手前で早くも背後にウォッカの姿を見つけたときには、

「ここから瞬発力勝負ではマズイのでは・・・」

と、ちょっと心配になりました。

ところが直線に入って、後ろから差してきたウォッカを引きつけてから、グイッと引き離したダイワスカーレットの力強さといったら・・・

ただひとつ心配だったのは直線半ばでウォッカの進路が窮屈になり、

「おい、今の、進路妨害じゃないよな・・・」

と思ったことですが、ゴールした時点で審議のランプが出ていなかったので、ホッとしました(笑)。

そして3着は死守するかと思われたアストンマーチャンがズルズルと馬群に沈む中、上手いこと3着に飛び込んでくれたのが藤田騎手のカタマチボタン
おかげでまんまと馬単・3連複・3連単のトリプル的中で、めでたし、めでたし。
この馬は関東馬に関西の騎手が乗ったときは要注意というデータもあったので押さえてみたものですが、欲を言えば、4着に追い込んできたローブデコルテのほうが配当が良かったかなー・・・って、これは欲張りすぎですね。

とにもかくにも今年初めての万馬券ゲット・・・って、あれっ?・・・よく考えたら、馬券が的中したこと自体、今年初めてでした(笑)。
・・・って、笑ってる場合じゃない。
ホント昨年の秋以来、さっぱり当たらずで・・・いやー、長かったなー。
まあ、いいや、でも今日は当たったんだから、笑っちゃおうっと(笑)。

そして今夜は美酒に酔いながら、ちょっぴり夜更かししちゃおうかな・・・

|

« G1馬券簿 フェブラリーS | トップページ | G1馬券簿 皐月賞 »

コメント

おはようございます。
昨夜は長い夜になりましたでしょうか?
パーフェクト的中見事ですね!
しかも相当ひねくれていらっしゃる(爆)。
何はともあれここまでドンピシャで当たると気持ちいいでしょうねぇ。
では「山ちゃん」と言うことで(笑)。

投稿: 日月 | 2007年4月 9日 (月) 06:47

日月さん、ありがとうございます。
馬券が当たったのがうれしくて、ブログ更新してしまいました(爆)。
昨夜はその感激にどっぷり浸ろうと思っていたのですが、知らん間に寝てました(笑)。
自分では全然ひねくれてるとは思わないのですが、でも日月さんに「ひねくれてる」って言われるのが、だんだん快感になってきてたりします(笑)。
では「山ちゃん」でお会いしましょう(笑)。

投稿: じんぺい | 2007年4月 9日 (月) 20:19

じんぺい様、遅れてしまいました~。
ついてっきり、更新されないものかと・・

おめでとうございます!
万馬券も含めてお見事です。私は3頭以外の3着は考えられませんでした。そして、「鞍上の安勝、皐月のフサイチホーオーは堅いから、こちらは来ない!」と馬とは関係ないところでダイワをカットして勝負!撃沈でした。
皐月は武か?と、来週もこのパターンで撃沈しそうですが・・^^;。
謹慎明けの藤田が絡むのは、もう少し先と見てたんですけどね~。
今年のG1(JP1)は、彼に注目しております。
勝って、涙がポロリのドラマがありそうなので。

じんぺい様、味わいのある記事、健在だ~!

投稿: よっちゃん | 2007年4月12日 (木) 21:59

じんべんさんこんばんわ^^/
遅ばせながら桜花賞的中おめでとうございます。
桜花賞はりプレイで見たのですが確かにスカーレットさんウオッカの進路を塞いでるように見えました。
ま~そこは安勝Jの技なんでしょうね。
やっぱうまいわ。

投稿: ビッキー | 2007年4月12日 (木) 22:22

よっちゃんさん、ホントすいませ~ん。
更新したものの、照れくさいので知らバックレテました(笑)。
いやいや、ありがとうございます。

騎手に関しては私も、「アンカツ、二連覇ってのはないかな~?」っていう部分がひっかかって、最後まで迷いました。
でも今回のラッキーで、遅ればせながら今年もよっちゃんさんの後をついて行きますので・・・(笑)。

皐月賞もアンカツJの快進撃か? 今度はユタカJか? はたまたノリJ2着か?(笑) 今度も藤田Jは不気味ですが・・

投稿: じんぺい | 2007年4月13日 (金) 08:56

ビッキーさん、お元気そうで。
ありがとうございます、馬券やっと当たりました(笑)。

ダイワとウォッカの接触(じゃないか?)がなかったら、結果はどうだったでしょうか。
アンカツJがうまい・・というより、逆にある意味、四位Jに何となく感じた不安が的中したような気がします。

投稿: じんぺい | 2007年4月13日 (金) 09:02

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: G1馬券簿 桜花賞:

« G1馬券簿 フェブラリーS | トップページ | G1馬券簿 皐月賞 »