« 2007年4月15日 (日) | トップページ | 2008年2月 5日 (火) »

2007年4月29日 (日)

G1馬券簿 天皇賞・春

世の中はゴールデンウィークですが、私は昨日もお仕事でした。
で、帰りに中京スポーツ(東スポの中京版)を買って早めに家に帰り、夜、ゆっくりと天皇賞の検討をしようと考えていたわけですが、夕食のあと、呑んでもいないのに(晩酌の缶ビール1本では、呑んだことにはならん・笑)、ちょっとゴロッと横になっていたら、いつの間にかzzzzz・・・。
しばらくのち、ハッと目を覚まし、

「こりゃ、いかん」

と、競馬の予想を始めるかと思いきや、そそくさと布団に入って寝てしまいました。

結局、夜8時に寝て、今朝、起きたのが9時半(笑)。
いや、これには自分でもビックリ。
何がビックリって、自分がこんなに眠れるものだったことがビックリですね。
別に最近、それほど疲れているつもりはないんですけど、こんなに長い時間眠ったのは、本当に久しぶりのことです。

しかしそんなことより、早く寝てしまったおかげで、昨夜のうちにやっておきたかった事が、なんにも出来てない。
遅い朝食を済ませ、さて何から・・・
・・・とりあえず競馬の予想でもするか・・・(何でやねん!・笑)。

0704291 そういうわけで今年の天皇賞、サクサクッと手短かに予想を済ませたいところですが、どの馬も一長一短、というより、どの馬にも不安材料があり、イマイチ信頼できる軸馬がいないってのが正直なところで、これはちょっと悩みますね。

G1でなければ、こういう場合、勝負しないのが懸命なのかもしれませんが、G1っていうだけで、自信もないのに

「当てなければ・・」

と思ってしまう競馬ファンの心理・・・何なんでしょうね。

しかも、それがだんだん

「当たるといいな・・・いや、もしかしたら当たるかも・・・」

に変わってくるから不思議ですねえ(アレッ、それって私だけ?)。
で、実際、たま~~~に当たるから調子にのってしまうんですけどね(笑)。

前置きが長くなったので結論を急ぎます。
これといった決め手に欠ける顔ぶれのなかから私が本命に選んだのはマツリダゴッホ
理由を挙げるとすれば、天皇賞・春で重要視したい
 ①4歳馬で
 ②サンデー系で
 ③騎手に実績がある 
という条件を兼ね備えているから・・・というのは、正直、後付けで、実は馬柱を見て

「ピンときたから・・」

っていうのが本当の理由だったりする(笑)。
特に前走、日経賞3着ってのがクサイ(もういいって・笑)。

いちおうJRAのホームページで、参考レースの日経賞のビデオを確認してみましたが(例によって、このレースもリアルタイムで観てないんですよねー)、4角で外を回って早め先頭に立ち、粘りこみを図るものの、後ろからきた1、2着馬に差されて小差の3着。
このレース振り、京都でなら何とか粘れるのではないかと思ってしまいました(笑)。
ただしこの馬、どうしても距離への不安が拭いきれないのですが、幸い内枠なので、脚を溜められれば、前走でも手綱を取ったノリ騎手が、今度は何とかしてくれることを期待します。

相手は、さんざん悩んだ末、アイポッパー
でもこの馬、今までにも何度かチャンスはあったはずなのですが、その度に期待を裏切っているのが引っ掛かりますね。
過去ではナイスネイチャとか、最近ではリンカーンとか、人気になりながら勝ちきれない馬っていうのは、何度やっても、結局、勝てないものなので。
余談ですが、ステイゴールドのように、人気にならないのに常に好走する馬とは、別モノだと考えております(笑)。

しかしユタカ効果もあったとはいえ前走阪神大賞典は強い競馬だったし、それが実績のある京都に替われば、過去2年の天皇賞・春で3着、4着なら、今年はそれ以上も可能かもしれません。

というわけで馬券はゴッホ-ポッパーの馬単、馬連が、まず本線。
あとは3連狙いで、サンデー系(今回はこだわってみました)、もしくは京都に実績がある馬に手広く8点流し。
ただし大体、こうやって手広く流すときほどかえって、大抵当たらないものなんですけどね(笑)。

人気どころのデルタブルースメイショウサムソンは、どうしても京都向きと思えないので、人気もあることだし(笑)、買いません。
デルタは菊花賞を勝っているので京都が得意のように思い勝ちですが、基本的には阪神や中山に比べたら、京都は割引だと、個人的には考えています。
サムソンも、現実に京都は勝っていないし、大阪杯の勝ちっぷりに、2冠制覇の頃の迫力を感じなかったので。

そしてレースですが、マツリダゴッホには、まず良いスタートを決めてもらいたかったので、実際に絶好のスタートを切ったときには期待が膨らみました。
そのまますんなり3番手をキープしたまま向こう正面から3コーナーへ。
ここまでは、こちらが望むレース展開そのままで、この時点で私自身、かなりの手応えを感じていたのですが、4コーナー手前で後続が押し上げてきて、ずるずると馬群に飲み込まれたあたりから雲行きが怪しくなりました。
4コーナーをまわってから再度、予定通りインからの強襲を狙ってきましたが、それほどの伸びもなく、11着に敗退。

勝ったのは、ある意味、意外だったメイショウサムソン
しかしその勝ちっぷりは、直線に入ってから馬場の中央を堂々と先頭に立ち、着差は僅かながらも、他馬を「確実に」抑えきった見事なものでした。
ちょうど同じオペラハウス産駒のテイエムオペラオーの勝ちっぷりとイメージがダブります。
今回の勝利は、距離適性や馬場適性うんぬんより、このメンバーのなかでは、純粋に「実力」が一枚上だったと思わざるを得ません。
ただし、だからといって2着のエリモエクスパイアが、実力NO2だとは、どうしても思えないのではありますが・・(笑)。

アイポッパーは予想外の後方待機で、追い込み届かずの4着。
今回もやっぱり・・・(笑)。

そういうわけで、馬券は思いっきり外しているんですが、それとは別に、今年は混戦と言われながら、天皇賞・春の勝ち馬として記録に名前を残したのが、結局メイショウサムソンになったことは、どこかホッとしたような気にもなります。
そういう意味では、今年、勝ち馬にふさわしかったのは、やっぱりサムソンかデルタあたりだったでしょうか。
しつこいようですが(笑)、少なくとも、写真判定の末、1着と2着が逆になっていなくて良かった・・・と言ったら、エリモのファンには怒られるでしょうか・・・いや、怒られますね、たぶん(笑)。

さて、ひと安心したところで、ふと思えば、今日って「昭和の日」だったんですねえ。
もっとも私のような庶民は、休日の名称なんて、別に気にしてませんけど・・・そんなわけで、世間は明日もお休みのようです。
今夜はまだ元気が残っているので(笑)、もう少し休日を楽しもうとは思いますが、私は明日もお仕事です・・・(涙)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年4月15日 (日) | トップページ | 2008年2月 5日 (火) »