« 2006年12月 2日 (土) | トップページ | 2006年12月10日 (日) »

2006年12月 3日 (日)

阪神ジュベナイルフィリーズ ウォッカ衝撃の末脚に・・・酔う(笑)

今日の中京競馬場は、とっても寒かったです。
お昼近くになって出掛けましたが、行く途中、何だかみぞれ交じりの細かい粒がチラホラしておりました。
そのせいか、今日は芝生でのんびり観戦している人も、いつもより少なかったように思います。

馬券は午後の7レースからボチボチ参戦しましたが、やっぱりというか・・さっぱりでした(韻を踏んでる場合か・笑)。
メインレースの資金を稼ぐ目論見も、一向に叶わず、ズルズルと今日のメイン、中日新聞杯へ。

0612030005

0612030004

0612030008

昨日もチラッと書きましたが、本命はマヤノライジンです。
今年に入って連戦連勝の勢いに任せて、夏の北海道で一気に重賞制覇を狙いましたが、あとわずか届かず。
0612030003しかし一息入れて、やや格落ちのここなら、函館記念以上は期待出来ると思います。
池添騎手なら中京でも慌てることなく、外からの差しを決めてくれるでしょう。
相手には内枠で粘りそうなトーホウアラン
このメンバーで押し切るぐらいの実力はあるでしょう。
それにトウショウシロッコですが、プラス18キロはどう考えても重過ぎますよね。
でもこの馬、中京が合いそうなので、馬体重には目をつぶって買います。
正直、他に買いたい馬もいないし・・・。
あと、中京の重賞は、格下の軽量馬もよく馬券に絡むので、中京得意のミツワスカイハイまで押さえました。

レースはトーホウアランもインティライミも、思ったほど前に行かず、序盤は静かな淡々とした流れ。
3コーナーから一気にあわただしくなり、ここで1番人気のマヤノグレイシーが行き場をなくしてズルズルと後退、脱落。
あと200Mのところでインティライミが抜け出しましたが、内からトーホウ、外からライジンが迫ってきて、この時点ではライジンの伸びが良さそうに見えて、突き抜けるかと思いましたが、3着どまり。
逆にトーホウはゴール前できっちり差し切り、この辺に格の違いが出た格好ですね。
インティライミは実績は認めても、このところのレース内容がイマイチで、一度くらいは結果を出さないと買いにくかったので見送ってしまいましたが、何もここで結果を出さなくても・・・(笑)。

中京での馬券はここまで。
ここから先はある意味、今日の本当のメインイベント、阪神競馬場で行われるG1レース、阪神ジュベナイルフィリーズに望みを託して、レースを映し出すターフビジョンをじっと見つめていました。

新装された阪神の外回りマイルコース。
コーナーもゆったりで、直線が長いということで、イメージとしては東京のマイルを右回りにした感じに似ているのでしょうか。
いずれにしても新装コースなので、やってみなくては分からない面はありますが、もしそうだとすれば、東京マイルは中距離適性が要求されるというのは、よく言われるところです。
それなら今回の狙いも、ズバリ、1800Mで連対経験がある馬でどうでしょうか。
ハイ、これで一気に6頭に絞られました(笑)。
この時点で人気のアストンマーチャンやハロースピードも消えました。

06120300070612030001_1  当初は、勝ちっぷりとレース内容が良いルミナスハーバーを考えていましたが、デビュー以来、馬体重が減り続けて、調整に苦労している様子。
橋口調教師も、やや慎重なコメントのようなので、やや狙いを下げて、代わって本命はウォッカにしようと思います。
前走、出遅れながら牡馬と互角に渡り合って、堂々の2着はまだまだ強くなりそうで不気味ですし、このレースでも十分、可能性のありそうなハギノルチェーレを手放して、ウォッカに騎乗してきた四位騎手の判断を信用してみます。

馬連はウォッカから1800Mで連対がある馬、ルミナス以下5頭に流します。
ここで切った人気のアストンとハローは、いちおう3着固定で3連単を買いました。

レースは家に帰ってから、VTRで見直しましたが、勝った馬ってのは、やっぱりスタートが良いですね。
ウォッカ、逃げたルミナスと共に抜群のスタートです。
放っておいたら、ルミナスを交わして、そのままハナを切りそうな勢いですが、ここでジンワリ中団に控えます。
序盤で力を蓄えられたのが、最大の勝因だったかも知れません。

直線に入って、アストンが早めに仕掛け、あっさりルミナスを交わして後続を引き離したときは、

「あー、やっぱりこの馬、強かったか・・・」

ほぼ勝負は決したかのように見えましたが、1頭だけ次元の違う伸び脚で追い込んできたのがウォッカでした。
それでも、まさか差し切れるとは思いませんでしたが・・・。
驚異ともいえる末脚で一旦、並びかけるも、ここでアストンも踏ん張り、簡単には抜かせません。
さすがにこれまでかと思ったら、そこからもう一伸びして、交わしきってしまったときは、何か凄いものを見てしまったようで・・ちょっと唖然としたりして・・。

これもVTRで見直すと、直線で前が塞がったために、外へ持ち出してから、改めて追い直してます。
それで届いてしまうのだから驚きですが、これも直線が長くなったニュー阪神の恩恵でしょうか。

アストンマーチャンは、ほとんど勝ってたレースですよね。
ただこの馬も、やっぱり強いんだということを証明したと思います。
安定感は抜群ですね。

逆にウォッカはヤマニンシュクルみたいに、これが一世一代の大駆け、っていう可能性もありますから・・・(笑)。

それとルミナスハーバーですが、このレースで逃げるのは、作戦だったのでしょうか。
それともスタートが良すぎたから、そのまま行ったのか・・・。
だとしたらウォッカとは対象的な結果になってしまいました。
それでもマークされながら、後続を抑え切っての3着は、やはり強さの証明でしょうか。調整が万全だったら、どうなっていたのか・・・。

そして私の馬券ですが・・・
馬連、3連複、3連単、、、と、すべて2着のアストンマーチャンに持って行かれてしまいました(笑)。
レースをとなりで観ていた息子からは、

「え? ウォッカ勝ったのに? アストン2着で当たってないの?

   ダメじゃん!」

その通り、何で当たってないんでしょうね(笑)。
我ながら、外すの上手すぎですね(笑)。

しかし今日は中山のメイン、ターコイズSで何とか連敗は止めました。
配当9倍しか付かない堅~い3連複、1レースのみです(笑)。
まあ、当たったから贅沢は言いませんけど・・。

でもやっぱり競馬も音楽も、ライブは良いですねえ。
負けても清々しいなあ~っ・・・勝ったら、もっといいなあ~(笑)。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2006年12月 2日 (土) | トップページ | 2006年12月10日 (日) »