« 昇級馬アロンダイトが勝った今年のジャパンカップ・ダートって、どうなのよー。  | トップページ | スティービーワンダー「ミュージックエイリアム」 »

2006年11月26日 (日)

ジャパンカップ 今日は手堅くディープで勝負・・でも馬券は当たらん・・・

子供が自転車を買いなおしたので、一緒に近くの公園のサイクリングコースを回ってきました。
ちなみに私は歩いていたんですけど、というか、ここは私のウォーキングコースのひとつなんですが、最近、ちょっとサボっていたので久しぶりに行ってみたら、周囲の木々は、確実に秋から冬へと移り変わっているようです。

さて、今年のジャパンカップは少頭数で寂しい~とか、しかも不動の大本命がいるし盛り上がらん~とか言ってましたけど、いざ馬券の検討を始めてみるとなかなかどうして、ある意味、1ヶ月早い有馬記念って感じの、中身の濃いメンバーが集まったんじゃないでしょうか。

最大の注目はディープ対ハーツの再戦ですが、私がこの2頭の馬券を買うはずがありませんよね(笑)。
どちらかを買うとしたら、やはり私はディープを選びますが、いずれにしても私の馬券は馬連、3連複が基本なので、ひとまずこの2頭以外で、買えそうな馬を考えてみます。

まずはメイショウサムソン
三冠を逃した菊花賞では、ややこの馬らしくありませんでしたが、舞台が東京2400に替わるのは、この馬にとってはプラスだと思います。
菊花賞で負けたことで人気が落ちてくれるなら、狙い目十分ですね。

スウィフトカレントも面白そうです。
とにかくこの馬の勢い、止まりませんね。
距離が少し長いかも知れませんが、天皇賞の連対馬はジャパンカップでも好走する例が多いので注意が必要です。

あとはやはり3着以内に1頭ぐらい外国馬が入っても良さそうな気がするので、そうなるとウジャボード、というよりデットーリ騎手ですね(笑)。

ブログで自分の馬券を振り返るようになって気が付いたことがあるんですけど(ウソです、本当は元々気付いてるんですけど)、私っていつも、勝負を賭けた馬で外れると、次のレースでもその馬を買ってることが多いみたいなんですよね。
いや、これは私だけでなく、誰でもよくあることだと思うんですけど、私も結構、執念深いところがあるようで・・・
・・・いや、・・・違うな・・・
執念深いというよりも、前のレースで買った時に来なかった馬が、その次に買わずに来られるのがイヤなだけなんでしょうね。

今回はそれが馬ではなく、騎手に向けられているという・・・(笑)。
先週のマイルCSで期待を託したデットーリ騎手、2週間も日本にいて、3つもG1レースに乗るのに、ひとつも来ないってことはないでしょう、頼む、来てくれ(笑)。

って、そうすると、サムソン-スウィフト-ウジャボで、ディープは要らないってことになるわけで、実際、前日まではこの3連複が大本線だったのですが・・・

やっぱりディープ・・勝っちゃうだろうなー・・・
いや、今回だけは勝たなくちゃいけないってことは誰しも思っていることでしょう。
大体、負けるというストーリーが考えられないですよね。

0611261 昨日のJCダートではユタカ1番人気に逆らって失敗してますが、今日ばかりは人気でも、配当つかなくても、素直に行きましょうか(笑)。
ずばり馬単の相手は・・・
おやっ? サムソン・・・前日オッズでドリパスよりも下の5番人気?・・・オイシイ(笑・ちっとも懲りとらんなー)。
そういうわけで馬単はディープからサムソンの1点
あとは3連単でスウィフト、ウジャボ、それとフサイチパンドラ、コスモバルクまで押さえました。

やっとここからレースですが(笑)、ディープはいつものように出遅れ、最後方からのスタート。
いつものようにって書きましたけど、そう、これがいつものディープ、ですよねえ。
今思えば凱旋門賞での、あのスタートの良さはいったい何だったんでしょう。
それひとつ取っても、フランスでは文字通り、よそ行きのレースだったのかな・・と。

バルクは久しぶりに思い切った逃げで、このまま3着に残ってくれるのを秘かに願ってましたが、終わってみれば、なかなか惜しいレースでした。

それでもあまり速いペースにはならず、3コーナーあたりから団子状態になってきましたが、瞬発力勝負でディープに分が悪いはずはなく、当然のように先頭でゴールイン。
見た目はそれほど2着との差はなかったですが、ユタカ騎手、ゴールラインのすん~ごい前から、もう追うの止めてましたよね。
まあ、完勝、、、楽勝だったのかな?

しかし私の誤算はドリパスが2着に来たこと。
レースの途中から、

「今日はやけに前にいるな・・」

と思っていたんですが、いつものように後方一気かと思いきや、直線に入って早めの抜け出し。
ちょうど有馬記念でのハーツクライを思わせる戦法で、一瞬、

「あっ、やられた・・・」

と思いましたが、今日のディープにはさすがに及びませんでした。
それでも岩田騎手は好騎乗でしたけど、カレ、上手いときと下手なときの差があり過ぎませんか(笑)。
しかしこの馬もまた2着で、キャラ的にも3~4歳時のハーツに似てきちゃいました。

う~ん、サムソンはちぐはぐなレースになってしまいましたね。
4コーナーでは、もう少し前に出たかったところでしょうか。
石橋騎手も懸命に追い出してましたが、行き足がつかなかったか、直線で追い込みをはかるものの(ってもう、その時点で望み薄ですが・・)、一旦パンドラに外に振られ、それでも内を突こうとしますが、窮屈になり、また外へ。
なのに次の瞬間には、また何故か内へ潜り込んでましたけど、あっち行ったり、こっち行ったり、それこそ右往左往するあいだにレースは終わってました(笑)。

レース後のユタカ騎手はホントにうれしそうでしたね。
ディープの背中の上から満員のスタンドと一緒に両手で何度も万歳をしたり、記念撮影では6冠を示すのに片手では指が足りないので、オーナーの指を1本借りてポーズを取ったり、珍しくちょっと羽目を外していたような・・・
ユタカ騎手・・・うん、ファンになりました(爆)。

とにかく圧倒的な強さで最強馬の座を守ったディープインパクト。
それはそれで、そうなると暮れの有馬記念。
去年のようなサプライズが起こることも、ちょっぴり期待してしまいますが・・・(笑)。

|

« 昇級馬アロンダイトが勝った今年のジャパンカップ・ダートって、どうなのよー。  | トップページ | スティービーワンダー「ミュージックエイリアム」 »

コメント

じんぺい様こんばんは。
リアルタイムで見れなく、ビデオで確認したのですが、目に付いたのが「フサイチパンドラ」の馬体の良さ。やけに見栄えがしてました。有馬きたら、今度は3着候補で買ってみようと思いました。
サムソンは、まだ太い?気も・・。
ドリパスは、予想以上の活躍も、東京コースでは直線長すぎ。有馬でも同じ戦法は、もう通用しないと見ますが。
今回、ハーツクライを切れたことに喜びを感じたりもします。
と、オイラ馬券取れた割には冷静なのは(笑)、配当付かずで、な~んていうか・・・「悲しくない」だけだったりして。
その後の東京、京都の12Rも少額勝負で負け、結局赤字な1日でした~。

投稿: よっちゃん | 2006年11月26日 (日) 23:25

よっちゃんさん、こんばんはー。
そうですねサムソン、やっぱ太かったですかねえ。
パンドラは大健闘ですね、この馬、意外と強いんじゃないかと・・・(爆・いまごろかよーっ)。

でも獲れたからいいじゃないですか・・(涙)。
おめでとうございます。
やっぱり、よっちゃんさんのデータ予想、参考にするべきでしたね・・・。

投稿: じんぺい | 2006年11月27日 (月) 00:00

いやー、じんぺいさんもユタカJのファンになっちゃいましたか(笑)。
ホント良いオトコですよ。普通ならワタシのようなひねくれ者は嫌いなタイプの人間なんですけど、馬券的には敵ですが個人的にはファンなんですよねぇ。
さて、有馬記念、ドリパスはノリJに替わるんでしょうか。
岩田Jにはデルタブルースが居るし、今更アンカツJが乗る訳ないし、高田Jも無さそうですし。
有馬記念、次のディープは危ないと見ましたが、そんなこと言ってるのはワタシだけ…でしょうか(笑)?

投稿: 日月 | 2006年11月27日 (月) 19:25

じんべいさん今晩は^^/
岩田騎手の騎乗は確かに波がありますよね~。
特に人気の先行馬やおいらが買うと滅多な事じゃ来ませんよ(笑)

投稿: ビッキー | 2006年11月27日 (月) 19:34

日月さん、こんばんは。
ユタカJ、出来れば馬券的に仲良くなれるといいんですけど(笑)。
ノリJは引き続きスウィフトで有馬じゃないんですか。
JCでは負けすぎの気もしますけど、距離長いでしょうか。
ディープはJCで目イチの勝負だったことは確かでしょうね。
余力で戦っても、並みの馬よりは強いかも知れませんが・・(笑)。

投稿: じんぺい | 2006年11月27日 (月) 20:05

ビッキーさん、こんばんは。
そっかー、ドリパス、ビッキーさんが買わなかったから来たのかなー?(笑)
今回はサムソンの方が上だと思って、ハーツと共に、目つぶって斬ったんですけど・・・。

投稿: じんぺい | 2006年11月27日 (月) 20:14

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャパンカップ 今日は手堅くディープで勝負・・でも馬券は当たらん・・・:

« 昇級馬アロンダイトが勝った今年のジャパンカップ・ダートって、どうなのよー。  | トップページ | スティービーワンダー「ミュージックエイリアム」 »