« 菊花賞 三冠を阻んだのは、武は武でも幸四郎・・・(んー、ベタベタ・笑) | トップページ | 天皇賞・秋 風格を増したダイワメジャー、2つめのG1奪取。 »

2006年10月25日 (水)

ヴァレリー・カーター「愛はすぐそばに」

Just_a_stones_throw_away ジャケットの向こうからこちらを見つめるヴァレリーの表情がなんともキュートな、彼女のファーストソロアルバム「愛はすぐそばに」

お転婆だった少女の頃・・・って勝手に決め付けてますけど(笑)・・・のあどけない面影を残しつつ、清楚ないでたちで澄ましている、この愛くるしいジャケットが、アルバムの内容を象徴しているようです。

この後の、ぐっとAOR度を増し、完成度も高いセカンドアルバム「ワイルドチャイルド」も、ファンの間では根強い人気のある名盤ですが、彼女自身が女性として大人っぽさを増し、シックで都会的なセンスも感じられるセカンドよりも、ファーストでの、奔放さと可憐さが同居し、まだどこか垢抜けないといった感じの少女が、ちょっぴり背伸びをして、大人の女性を気取ってみました的な、このいたいけさがたまらんわけですよ、オジサンとしては(笑)。

そんな魅力が、1曲目の「ウー・チャイルド」から、じわ~っと溢れ出します。
ほんわかした牧歌的な温もりを感じる演奏に導かれ、軽やかに歌い始めるヴァレリー。
あえて例えるなら、キャラメルママをバックに「ひこうき雲」を歌う、デビュー当時のユーミンといった趣きかな・・・。
そして彼女の声には、両手のひらで、そっと包み込んでいないと、壊れてしまいそうな危うさも感じずにはいられません。

かと思えば、リトルフィートのローウェル・ジョージがプロデュースをした2曲では、ブルース感覚溢れるファンキーな演奏に乗せて、なかなかソウルフルなボーカルを聴かせてくれます。

ソロデビューする前から数多くのミュージシャンのバックボーカルを務め、歌の上手さには定評があったヴァレリー・カーターが満を持して発表したこのアルバムには、彼女の歌う喜びがいっぱいに溢れていて、いつまでもときめきを失うことはないのです・・・。

|

« 菊花賞 三冠を阻んだのは、武は武でも幸四郎・・・(んー、ベタベタ・笑) | トップページ | 天皇賞・秋 風格を増したダイワメジャー、2つめのG1奪取。 »

コメント

じんぺいさん、こんばんはー。
給料日ですんで呑んで帰ってしまいました。
さておき、「ヴァレリー・カーター」さん、じんぺいさんのオススメが上手なので探してみたいですけど、ウチのレンタルではおそらく無いでしょうねぇ←買えってか(笑)。
けど唯一のレンタル屋探してみます。

投稿: 日月 | 2006年10月26日 (木) 00:01

じんぺい様おじゃまします。
すいません。オイラも初めて、この方のお名前を聞きました。
なら、コメントいらん!といわれそうですね^^;。

じんぺい様の紹介からの感じでは、「キャロル・キング」なんかをイメージしたのですが・・?
オイラもレンタル探してみます。
「ヴァレリー・カーター」のメモ持って(笑)

投稿: よっちゃん | 2006年10月26日 (木) 19:07

日月さん、肝臓、無事ですか(笑)。
ヴァレリー、見つかるといいですが。
最近は洋楽の旧譜も安くなってますので、天皇賞の配当から、ほんのちょっと、こちらにまわしていただくってのはどうでしょう(笑)。

しかし12月に発売予定のつま恋のDVDは、3枚組みで12,800円ってのは、ちょっと高すぎるぞいっ・・って、誰に怒ってるんですかね、スミマセン・・・でも買いますけど。

年末までに、もう一発、万馬券獲らねば(笑)。

投稿: じんぺい | 2006年10月26日 (木) 21:05

よっちゃんさん、どうも。
ヴァレリーは、ホントに多くのアーティストの作品に参加してますので、Jブラウン、Cクロス、Lロンシュタット、Jテイラーなど、お手元にある、主にウエストコースト系のアルバムで名前が見つかるかも知れません。

キャロルキング・・・はい、遠くはないかもしれませんが、キャロルはシティ派ですから・・・。

天皇賞、当てて買ってください(笑)、ってよりも、馬券代で買えちゃいますけど(笑)。

投稿: じんぺい | 2006年10月26日 (木) 21:22

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヴァレリー・カーター「愛はすぐそばに」:

« 菊花賞 三冠を阻んだのは、武は武でも幸四郎・・・(んー、ベタベタ・笑) | トップページ | 天皇賞・秋 風格を増したダイワメジャー、2つめのG1奪取。 »