« 2006年10月15日 (日) | トップページ | 2006年10月25日 (水) »

2006年10月22日 (日)

菊花賞 三冠を阻んだのは、武は武でも幸四郎・・・(んー、ベタベタ・笑)

昨日から始まったプロ野球日本シリーズ、なかなか緊迫感のある試合やってますねえ。
私自身はここ数年、ペナントレース中はあまり一生懸命に試合を見ることはなくなってしまいましたが、日本シリーズは、どこのチームが出ていても、純粋に試合として面白いですね。
やっぱり緊張感が違うからでしょうか。

さて競馬のほうも、今日は緊張高まる菊花賞です。
菊花賞といえば秋をあらわす季語ですよね。(←ホントかよ!)(←ウソだよっ)

ダービーの時から菊花賞での活躍を期待していたマルカシェンクですが、毎日王冠を使ってきた時点で、秋は天皇賞へ進むものと思っていました。
そのこと自体、正直いって意外だったのですが、その毎日王冠で強いところを見せてくれたので、それなら天皇賞では馬券の中心にと考えていましたが、中一週で菊花賞の出走メンバーに名前を見つけたときは、またまた驚き、困惑してしまいました。
なんでもディープインパクトの天皇賞出走意思表明により、賞金的に出走枠から押し出される可能性が出てきたために菊参戦に踏み切ったとのこと。
当初からの予定ではなく、急遽、路線変更しての中一週での出走は、マイナス面であることに違いはないと思いますが、どっちみち来週には必ず買うつもりでいた馬が、一週早く出てきてしまった以上、もう買わずにはいられませんね。
ここで買わなくて来られたら泣きますし(笑)、考えてみれば私自身、元々、菊花賞で一番期待していたのはこの馬だったはずですから。

枠順確定によってシェンクの出走を知るまでは、本命はアドマイヤメインでいこうかと思っていました。
調教不足で仕上げ途上だったトライアルで、小回り2000の大外枠からムキになって逃げなかったのは、本番を考えると、今思えば懸命な判断だったかもしれません。
むしろ控える競馬から、直線で不利がありながらもゴール前で差を詰めてきたところに、次への期待を抱かせるものがありました。
それを見て私などは、なかなか逃げ切るのが難しい菊花賞では、トライアルのような戦法のほうが、逆に勝つ可能性も出てくるのではないかと思ってしまうのですが、やはり本番では逃げるでしょうか。

今年の菊花賞の最大の注目は、何と言ってもメイショウサムソンの三冠なるか、というところですが、私の考えでは、単勝一番人気での高い支持率(約40%)ほどは、三冠達成率は高くないと考えます。
今回の人気には、やはり三冠への「期待」も含まれていると思いますしね。

単純に、やや差のある二番人気のドリームパスポートと比較しても、両者の実力に、それほど差があるとは思えません。
実際に過去の対戦でも、両者は勝ったり負けたりしながら常に差は僅かでした。
細かいことをいえば、関東遠征での直線に坂のあるレースではサムソンの3勝。
そして関西圏での直線平坦コースではドリームが3勝ということで、たまたま春の二冠の舞台が中山、東京だったことがサムソンにとって有利だったとするなら、今回の舞台が京都に変わることで、ドリームが上位に来ても不思議ではないと思います。

しかしドリームパスポート、先週の秋華賞のアドマイヤキッス同様、トライアルをもの凄い脚で差し切った馬は、なぜか本番では勝てないという、私個人の勝手なジンクス(思い込みとも言う・笑)がありまして、当初は完全に「消し」でした。
気になって過去のデータを少し調べてみたら、京都新聞杯が春に移行してから、神戸新聞杯と菊花賞を連勝した馬は、昨年のディープインパクトのみ。
いや、もっとハッキリ言いましょう。
神戸新聞杯で連対した馬で、菊花賞でも連対した馬は、アラ、アラ、やはりディープしかいないのですね。
そうなるとドリーム、サムソン、共倒れということも十分あり得るような気がしてきました。
なーんて言ってますが、結局これはシェンク=メイン馬券に自信を持ちたいための、ある意味コジツケでもある訳ですけどね。

0610221 一応ドリーム、サムソンは3連複の押さえまでとし、あとは穴でトーホウアランアペリディフの京都新聞杯組に期待してみます。
ここまでが予想らしい予想ですが、その他にも下心タップリに人気薄へ5点流し、合計9頭への3連流しは、やや節操がないような気もしますが、まずはとにかくここは久々の福=武馬券での馬連勝負が本線です。

私自信は、どちらかというとマルカシェンクのほうを信頼していたので、あとはアドマイヤメインがうまく逃げ粘ってくれれば、という気持ちでしたが、直線に入ってからもかなりのリードを保ち、

「これは十分いけるぞ・・・」

ここでやはりメイショウサムソンが馬群を抜け出し、メインを捕まえに来ますが・・・

・・・その後ろから・・・!・・・後ろから・・・!!

・・・シェンクが来ない・・・!!

代わりにドリームパスポートがソングオブウインドを引き連れて一気に伸びてきました。

スパッと斬れないサムソンと、一杯になったメインをアッという間に交わした時点では、先頭でゴールへ駆け込むのはドリームかとも思いましたが、やはりこの馬、斬れる脚が一瞬なんでしょうか、ゴール目前でソングオブのひと伸びに屈して、またもや惜しくもタイトルを逃しました。
レース前、まさか今年も・・・とは思いましたがノリ騎手、4年連続2着とは・・・凄いんですけど、かといって褒めるのもヘンですしねえ・・・(苦笑)。

サムソンは、自身が後ろから差す脚質ではないので、自分からメインを捕まえに行かなければならないのは当然のことで、展開うんぬんより、この馬自身が直線で伸びなかったのだから仕方がないところですね。
実際、メインにも届かなかったのだから完敗でしょうか。

そして私の馬券も完敗でした・・・。
勝ったソングオブウインドは、トライアルを見る限り、これほどしまい斬れる馬だったことは予想外でしたね。

しかしマルカシェンクですが、近年の菊花賞では距離適性などほとんど関係ないですし、シェンク自身、距離の壁があるとは思いませんが、ただこういう結果になってしまうと、やはり予定通り、来週の天皇賞に出走したほうが良かったのかも・・・。

・・・と思っていたところに、ディープインパクト、天皇賞回避のニュースが・・・

「ガクッ・・なにそれーっ、ええ加減にせーよ、ったく(笑)!!」

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2006年10月15日 (日) | トップページ | 2006年10月25日 (水) »