« 2006年10月 1日 (日) | トップページ | 2006年10月 3日 (火) »

2006年10月 2日 (月)

凱旋門賞 ディープ、負けちゃった。

「えーっ、そんなのいやだーっ」

って、駄々こねたくなっちゃいました(笑)。

先ほどの凱旋門賞、ディープインパクトは惜しくも3着でした。

テレビでは、

「馬の力は出し切ったんだから・・・」

とか、

「勝負だから仕方がない・・・」

とか、

「素晴らしいレースを見せてもらいました・・・」

とか、言ってますけど、ホントにみんな、そう思ってるんでしょうか。

私はまだそんなふうに、納得することが出来てません。

「いつものディープの走りと違ったんじゃないの・・・」

「もうちょっと展開がなー・・・」

「あそこで、あーなってれば・・・こーなってれば・・・」

「こんなはずじゃなかったのになー」

でもやっぱり結果については仕方ないですよね。
ディープ自身は頑張って走ったんですから。
もちろんユタカ騎手も。

やっと少し冷静になってきました(笑)。

それにしても馬券も買ってないのに、レース直前、これほど緊張したことがあったでしょうか。
そして最後の直線に入る前のコーナーでは、心臓の鼓動がドッキン、ドッキンと高ぶっているのがハッキリ判りました。
それだけにゴールしたときの落胆も、正直、大きかったのですが。

でもファンにとっても貴重な経験となりました。
結果は残念でしたが、チャンスは今回限りではないはずです。
そのときをまた、じっと待ちましょう。

ディープも今回、凱旋門賞を勝ったら、有馬記念で昨年のリベンジを果たして引退なのかな、とか思っていましたが、今後はどうするのでしょうか。
また夢に挑戦する機会があるなら、もちろん心から応援したいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

« 2006年10月 1日 (日) | トップページ | 2006年10月 3日 (火) »