« 2006年8月 3日 (木) | トップページ | 2006年8月18日 (金) »

2006年8月 7日 (月)

函館2歳S&関屋記念

昨日は午後から外出し、夜、帰ってからは、あまりに疲れていたので、早々と寝てしまいました。

競馬は朝のうちに馬券を買っておいたので、後からビデオで見たのですが、この暑さをスカッと吹き飛ばす・・・というわけには行きませんでした(笑)。

まずは函館2歳ステークス
エーシンダームスンとインパーフェクトが人気を争っていたようですが、この2頭との比較で考えるなら、ラベンダー賞を勝って人気のインパーよりも、そのレース、一番人気で3着に敗れたローレルゲレイロのほうが断然不気味。
前走で目イチの勝負を賭けていたとは到底思えず、今回が買いでしょう。
軸はこの馬でイケそうです。

またエーシンが勝ったレースで一番人気3着だったコンゴウダイオーと、そのコンゴウと差がなかったマイニングゴールドも、その後のレースで安定した走りを見せており、1戦しかしていないエーシンよりも信頼度は上ではないかと考えます。

あとは山内-藤田ラインで、最初からこのレースを狙ってきている感が強いゼットカークだけ注意して押さえます。

0608071 2歳戦はどうせよく分からないので、こんなもんでしょう。

ローレルはスタートダッシュがよかったので安心して見ていましたが、四位騎手らしい(笑)大外ぶん回しから先団に取り付いたニシノチャーミーが、馬体を合わせてからも伸びやかなストライドで突き抜けました。
ローレルは勝ちパターンだと思いましたが、瞬発力の差で2着を死守するのが精一杯。
ニシノは他の馬に比べて、勝ちタイムがあまりにも見劣りするので軽視していましたが、やはり競馬は持ちタイムだけでは計れませんね。
ただし今後も馬券のうえでは、ローレルのほうが頼りになりそうな気がします。

小倉のメイン、KBC杯はどう考えても買いたい馬がいないので見送り。

そして問題の(?)関屋記念
いつものようにザッとメンバーを見渡して、まず目に付いたのが、ヤマニンアラバスタ
前走マイルG1で本命に推したものの末脚不発に終わりましたが、また同じような条件で出走してきたので再度狙ってみたいと思うのですが、なぜか江田騎手が乗らないのが気になります。

今の新潟は、きちっと差しが届いている印象もあるので、それ以外にも、速い上がりが出せる馬を買ってみたのですが、このところ馬場に泣いているけれど、ここに照準を合わせて、今回は力を出せそうなサイドワインダーがその一番手。

それにテレグノシスもノリ騎手のキャラを考えると、2、3着には来そうかな、と。
あとはやや穴っぽいところでアルビレオも加えてみます。

しかし良く見ると差し馬ばっかりで、何が逃げるんでしょうか。
押し出されるようにローエングリンかダイワバンディッドあたり?
これはスローペースになることも考えられるので、そうなると長く追えて速い上がりにも対応できるニューベリーあたりは面白い存在になりそうです。

それと当初、軸に考えていたヤマニンは、やはり距離的にも、陣営の本当の狙いは、この後の新潟記念のような気がしますし、それを見据えての善臣騎手起用とも考えられ、軸にするには、やや不安も感じてきました。

0608072 そういうわけで、ニューベリーを軸に、差し馬4頭の3連複ボックスで行ってみます。

0608073 が、ここで競馬には詳しくない妻が、珍しく出馬表を見て

「2-9がいいよ」

なんて言うので、その2頭は今回はいらないだろうと思いつつ、考え方によっては可能性もなくはないので、ノリで買ってみましたが、そのついでにヤマニンに乗らない江田騎手が妙に気になったカンファーベストを馬連だけ買いました。

ゲートが開いて、いきなりの出遅れのヤマニンには、「あちゃ~っ」。
ローエングリンも後方に待機したためケイアイガードとダイワバンディッドがレースを引っ張ります。
そして粘りこみを図ったダイワを交わしてゴールへなだれ込んだのが江田騎手騎乗のカンファーベストだったのには驚き。
いつの間にかインコースをスルスルと上がってきたローエングリンも意外でしたが、追い込み勢のなかでは、それを交わしたテレグノシスがなんとか3着に来たぐらいでした。

しかし一応の格上である善臣騎手を確保したヤマニンは、まあ、分かるとしても、若手の吉田隼騎手に乗り替わったフジサイレンスにも江田騎手が乗らなかったのはナゼか?
もしかしたら、先日の事件が影響しているのかもしれませんが、それにしても勝ったカンファーベストに江田騎手が騎乗していたとは、偶然にしては出来すぎです。

その辺が気になった人は、意外と獲っているのかも知れませんね。
カンファーと同じく2着のダイワも新潟が得意だし、それなのに当てるのがもの凄く難しいと感じさせる馬券でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年8月 3日 (木) | トップページ | 2006年8月18日 (金) »