« 天皇賞・春 予想らしい予想も出来ませんが。 | トップページ | SUPER-GT 第3戦富士を前に »

2006年4月30日 (日)

天皇賞・春 強いディープを負かしにいったリンカーン

さあ、いよいよ始まります。
「ディープインパクトの、ディープインパクトによる、ディープインパクトのための天皇賞!」
・・・などと盛り上げようとしても、ちょっと無理がありますね(笑)。

どう考えてもディープ以外の馬には勝ち目はなさそうな気がするんですが、でも、その割りに頭数は揃いましたね。

が、しかし。
出走馬17頭のうち、関東馬はたったの1頭?
やはり遠征してまで挑戦するレースではないということでしょうか。
というよりも、ここで通用する関東の馬っていましたっけ?(あ~あ、言っちゃった、・笑)

0604301 しかし今年の天皇賞、どのような馬券作戦でいくか、いちおう考えてみました。

今回のような1強といわれるレースでは、しばしば2着には人気薄が飛び込んで、意外に高配当になったりすることがありますよね。
普段、買う馬券は馬連がメインの私としては、当初は素直にディープを軸に、オッズを見ながら、人気のない馬へ何点が流そうと思っていました。
まあ、それでも良いんですが、このレース、ディープが勝つのは半ば既成事実と決め付けて、その後に続く、2着、3着の馬連を予想すればいいのではないかと・・・。

するとさあ、一気に難しくなってきました(笑)。

しかし人気も視野に入れて、、このメンバーならシルクフェイマスの底力に期待してみます。
GⅠでの実績もあり、3着なら十分に可能性がありそうな気がします。
そこから、マッキーマックス、トウカイトリック、ファストタテヤマの3頭へ行きます。

ゲートが開いて、ディープ得意の出遅れも、ご愛嬌ということで微笑ましくもあったりして(笑)。
いちおう私が予想した、というか期待したレース展開は、2,3番手のシルクが、先行するトリックを交わして粘るところへ、ディープと共にマッキーやファストが流れ込む、というものでしたが、今日は展開とかなんとか関係なく、ディープが自分で走りたいように走ってみたら圧倒的なレコードタイムだったという、

「 あー、やっぱり強いわ」

と、笑うしかなく、勝ったディープに対しては特にコメントありません(笑)。

それよりもリンカーンの大健闘(と言ったら失礼か?)に拍手を送りましょう。
私自身は過去2年の惨敗などから、今年はこの馬は買ってませんが、いつもはどちらかというと直線強襲でいい結果を出しているような気がするんですが、今日は早めに前につけ、直線を向いたところではすでに標的はディープただ1頭。
もう明らかにディープを負かしにいってましたよね、さすがは典弘騎手、あっぱれです。

「おおっ、交わせるのか?」

あわやと思わせるところもあって、ちょっとワクワクしましたが、一瞬でしたね(笑)。
それでも果敢な騎乗が、このレースを後味のいいものにしてくれました
やっぱりノリちゃん、いいやね。

今日は3場のメインレースを買いました。

0604302 東京のスイートピーSは、先週のフローラSと同じく、毎年よくわからないレースなのですが、今年はこのところちょっと注目している馬、パーフェクトジョイラピッドオレンジが出てきました。

どうせ当たる自信もないので、この2頭の馬連1点でも良かったのですが、東京が合いそうなハネダテンシを加えてボックスで。
人気のカワカミプリンセスは、まだ信用できないような気がしていたのですが、走ってみたら、この強さにはちょっとした衝撃を受けました。
一気にオークスでも人気になりそうです。

0604303 最後に、馬券的には一番注目していた新潟のメイン、谷川岳S
前々から1400ぐらいがちょうどいいのに、と思っていたチアフルスマイル、スナークスズラン、アイルラヴァゲインの3頭が、なんと揃って出走。

前走、坂のコースを懸念して見送ったチアフルも平坦コースなら信頼できそう。
この3頭のボックスに加え、デビュー時から目を付けているスキップジャックを休養明けでも押さえてみました。
ボックスの3頭が上位3着となり、これなら3連複でも良かったわけですが、スキップはやはり余分でした(笑)。

今日は3レースとも、それなりに見どころもあったし、的中もあったし、楽しめました。
5月は毎週G1が続きますが、楽しいだけじゃなく、どこかで爆発させたいところですがねえ。

|

« 天皇賞・春 予想らしい予想も出来ませんが。 | トップページ | SUPER-GT 第3戦富士を前に »

コメント

おおーっ! チアフルスマイルお見事です。ワタシは外れるとの危険信号で手を出しませんでした。
ま、来週当てましょう。同じG1何がちゃうねん!って感じっスから(ちょっと乱暴かな・笑)。

投稿: 日月 | 2006年5月 1日 (月) 01:41

わ、こんな時間に来て頂いてたなんて・・・私も酔って寝ちゃいました(笑)。

でもありがとうございます。
ただ私から見れば、スイートピーでしっかりヤマニンに目を付けてらっしゃるほうが鋭いと思いますけどね。(あ、日月さんの当たり馬券の囲み印、間違ってますよー)
G1も平場も区別なく、ってのが理想でしょうが、でもやっぱ、オープン特別じゃなく、G1当てたいですよねえ(笑)。

投稿: じんぺい | 2006年5月 1日 (月) 18:37

ご指摘ありがとうございます、修正しました(笑)。
昨日のノリJのゴールした直後の何とも言えん表情(下半分ですが)がまたたまりませんでしたねぇ。
ホントそろそろ勝たせてあげたいですね。

投稿: 日月 | 2006年5月 2日 (火) 00:30

日月さん、どうも。
細かいところをツツいてしまったようで申し訳なかったです(笑)。
ノリJ、そう言われるとG1は2着ばっかで勝ってないですねえ。
イングランディーレ以来でしたっけ?
でも誰かよりはよっぽど頼りになります(笑)。

投稿: じんぺい | 2006年5月 2日 (火) 18:50

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天皇賞・春 強いディープを負かしにいったリンカーン:

» 天皇賞当たり馬券解説 [日月のとりあえず今日も元気]
 参った、参った、参りました。 追い切りは走らんわ、馬体重は減ってるわ、スタート [続きを読む]

受信: 2006年5月 1日 (月) 01:28

« 天皇賞・春 予想らしい予想も出来ませんが。 | トップページ | SUPER-GT 第3戦富士を前に »