« オールマンブラザーズバンド「フィルモアイーストライブ」 古いけど新しい、今もなお斬新なブルーズ。 | トップページ | 懐かしレコード聴いてみました。 »

2006年4月16日 (日)

皐月賞 いぶし銀の石橋騎手が主役になった日。

関西の雨が関東に移り、今週もいい状態でのレースが望めないかもしれません。
うまく行かないものですね。

いよいよクラシック三冠の第一弾、皐月賞ですが、先週の桜花賞とは決定的に違うのは、牝馬にとって桜花賞こそが最高の栄誉あるタイトルであるのに対し、牡馬の場合は、あくまでこのあとのダービーが最終目標
去年のディープインパクトほどの馬ならともかく、ダービーで調子をピークに持っていきたい馬たちが、適性を考慮してダービーよりも、ここでメイチの勝負を賭けてくる馬に足元をすくわれることは十分ありえますね。

そういう意味で1番人気のアドマイヤムーンは、距離適性でダービーより皐月賞向きと言われているものの、関係者はダービー狙いだと思います。
武騎手がこの馬を選んだのは、つまりはダービーを狙える馬を選んだということなのではないでしょうか。
ローテーションから考えても、間に合わなかったわけではないであろうマイルのG1をパスしてラジオたんぱ杯で復帰したのが昨年末。
その後、調子を上げて早めに2走使ったのも、いかにも調子がいいうちに押せ押せで勝ちにいった印象で、ダービー前のこの時期にいったん調子を緩めることが予定通りのような気がします。

ほら、たとえば「ダービースタリオン」で馬の好調を長く維持するのが難しいので、意識的に調子を落とさせ、目標のレースに向けて調子をピークに持っていくような、あの感じ・・・(TVゲームと一緒にするか、こやつは・・・)

逆に、ここ皐月賞を狙って歩んできた感があるフサイチジャンクを本命にします。
馬場が湿った場合でも、「切れ」というより「力強い」というイメージが強いので。
しかしそれよりも、無敗の皐月賞馬の誕生というのに期待してみたくなりました。

あとは朝日杯で本命にして以来、皐月賞までは大丈夫ではないかと考えていたフサイチリシャールは、少なくとも1ヶ月前までは本命にするつもりだったのですが、やはりスプリングSで負けてしまったことが、私の心のなかでは尾を引いています。
それにジャンクを本命に選んでしまったので、フサイチのワン、ツーって、

「ありえねぇーっ」

そんな気がするだけです(笑)。

本線はジャンクからサクラメガワンダー
サクラは前走だけでは見限れないのと、内田博騎手に期待ということで。

あと、ジャリスコライトは1月の京成杯以来って、ナメ過ぎてませんか。
この厩舎の場合、ぶっつけでG1というのはよくあることですが、(そのわりに驚くほどの成果は出てないように思うが)、いくら調教十分とはいえ、常識的には買えない・・・というか、そんな馬に勝ってほしくない・・・し、いつもなら買わない・・・??・・・いつもなら???・・・

ただなんとなく今回は、サプライズがあるとすればこの馬という気もします。
それを演出するのは典弘騎手かな、と。

それほど魅力を感じていなかったキャプテンベガについては、馬柱を見ていて気がついたことがひとつ。
デビュー5戦のうち、3戦目までは名手の武騎手が騎乗していながら3戦連続で出遅れ。なんとか未勝利は脱出しますが、そのあとアンカツ騎手に乗り替った2戦ではスムーズに先行して連対しています。
ジョッキーとの相性がよく、尚且つここへきて急成長していれば侮れないかもしれません。

あとは穴でスーパーホーネットディープエアー
2頭とも調子が良さそうなので、人気がないから買うだけです(笑)。

馬連5点で買ったのですが、やっぱりムーンが先週のキッスのように地力でそこそこ来るかも、と思い、三連複などを買い足し。
が、終わってみれば、これは余計でした(笑)。
 06041610604162
 



全馬それなりにまずまずのスタートで、かえって見ていて緊張感を感じましたね。
我がジャンクの後ろにピタリと付けたムーンがなんとも不気味。
好位置にいたリシャールが抜け出したときは、一瞬、差が開いて、残りそうに思えましたが、いつの間にかメイショウサムソンがスルスルと先頭へ。
いくらジャンクとムーンが後方から詰めてきても、この馬を買っていない私としては、もう馬券の的中は期待できないほどの安定した走り。
どのみち、2着にはドリームパスポートが突っ込んで、

「また、この2頭か・・・」

言っちゃ悪いですが、やや地味な結果となりました。

しかし石橋騎手、そういえばG1勝ちは無かったですかねえ。
そう思って過去の記憶を辿ると、ミスタースペインなどが印象に残ってますが、ずいぶん前のことですね。
感極まった表情の勝利インタビューでの石橋騎手を見ていたら、

「馬券は外れたけど、今日はこれでいいや。」

っていう気になりました。

今日は中山の特別や、阪神のメインなどもすっかり的外れ。
まあ、そううまくは行きませんね。

ある意味、私の予想どおり今日のところは敗退したアドマイヤムーン。
今のところ、ダービーはこの馬で、と思っていますが・・・。

|

« オールマンブラザーズバンド「フィルモアイーストライブ」 古いけど新しい、今もなお斬新なブルーズ。 | トップページ | 懐かしレコード聴いてみました。 »

コメント

じんぺいさん、こんばんはー。
そう、ワタシも「今日はこれでいいや」って思いました。
今、「By Your Side」に癒されてます(爆)。
しかしついでにKISSを古いBESTを借りてきてしまったワタシって…。

投稿: 日月 | 2006年4月16日 (日) 18:33

日月さん、こんばんは。
今日は不思議と悔しくないんですよね。何故なんでしょう。
あまりにも見事に外したからでしょうか(笑)。
シャーデー、聴いてくれたんですね。
お耳に会いましたか?ちょっと不安ですけど。
また何かいいアルバムでも思いついたら紹介させていただきます・・・迷惑でなければ(笑)。
KISSは彼らとしては異色の曲、「I was made for loving you」を、時々聴きたくなるんですよ。
日月さん、またヘビメタ魂に火がつきましたか。

投稿: じんぺい | 2006年4月16日 (日) 20:18

じんぺいさん、どうもー。
リトルフィート、ジョンウェイトは無かったです。ってか一番近いレンタル屋さんが半ばレンタルコミック屋さんになってて唖然でしたけど(苦笑)。
それにしても「BETH」は名曲と改めて認識しました。
実はもう一枚、シンディ・ローパーの「At Last」ってカバーアルバムも借りてます。シンディ好きなんですよねー。
でもオリジナルの「シスター・オブ・アヴァロン」の方が良かったかな?
じんぺいさんさえ手間じゃなければどんどん紹介して下さい。

投稿: 日月 | 2006年4月16日 (日) 20:34

日月さん、どうもです。
つい今しがた、日月さんのところへコメントに行ったところだったのですが、前後してしまいました。
レンタル屋さんとか中古屋さんって、入れ替わりのサイクル早いですよね(笑)。
「ベス」もいいですが「ハードラックウーマン」も好きです。
シンディは2枚目まではよく聴いてましたが、最近はあまり知りません。でも歌、うまいですもんね。
そうですか、そういうのも守備範囲なんですね。

投稿: じんぺい | 2006年4月16日 (日) 20:59

じんぺい様。こんばんは。
私も武豊で、次のG1天皇賞で「ディープ」が大本命なだけに、今回は?と、馬とは関係ない部分でエラク悩みまして、結論、名手なので3着にはくるだろうと・・・ズッコケました(笑)。馬連で万馬券なのに、枠で千円では、どうも割りに合わない気がしております(笑)。

投稿: よっちゃん | 2006年4月17日 (月) 19:44

よっちゃんさん、こんばんは。
でも2,3番人気の馬がいる枠同士で千円は、意外とおいしかったかも?そう思うことにしましょうね(笑)。
武騎手は私が切ると来て、買うと来ないという相性の悪さで・・・。
天皇賞はディープ、ガッツリ買ってやりましょうか(笑)。

投稿: じんぺい | 2006年4月17日 (月) 21:35

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 皐月賞 いぶし銀の石橋騎手が主役になった日。:

« オールマンブラザーズバンド「フィルモアイーストライブ」 古いけど新しい、今もなお斬新なブルーズ。 | トップページ | 懐かしレコード聴いてみました。 »