« 2006年4月 8日 (土) | トップページ | 2006年4月12日 (水) »

2006年4月 9日 (日)

桜花賞 華やかなクラシック開幕、桜とともに馬券も散ったーっ!

昨日の阪神競馬場は黄砂が舞うほどの物凄い風だったようで、今日もかなり風が強いようですが、とりあえずは晴天で迎えることが出来た今年の桜花賞
G1は今年3つめですが、今日のはやはり格が違うというか、本当のG1シーズンが始まったような気がして、気持ちがはやっているのが自分でも分かります。

本命はテイエムプリキュアに決めました。
ローテーションに好感が持てるのと、馬場も合いそうなので。

アドマイヤキッス「強い、強い」という評判ですが、何がどう強いのか納得できる説明になかなかお目に掛かれず、私自身がこの馬を強く推せる理由が見つからないので、押さえ程度にします。

フサイチパンドラはやはりどうしても前走フラワーCのレース振りが気になってしまいます。
勝ちきれずに取りこぼしそうな気がして仕方ありません。
実際に、勝ったのは500万条件だけだし。
ただエンジン性能は一番凄そうで、大負けはなさそうなので、三連複の軸で攻めてみます。

馬券はテイエムからラッシュライフ、アサヒライジング、ユメノオーラの3頭に加え、直前になって乗り役のデムーロ騎手と典ちゃんが引っかかったアルーリングボイスコイウタを押さえの馬連5点。

でもよく考えると流した5頭はどれも、いかにも2着はあっても頭はなさそうって感じで、馬単でもいいかな、なんて思っちゃいましたけど、買い慣れないものを買うとウラに嵌りそうな気がしないでもなく、ここはいつもの自分のスタイルを貫いて馬連5点で勝負
あとはフサイチを軸にした、下心たっぷりの三連複をオマケに・・・。
0604091

 
 
 
 

しかし我がテイエム、スタート直後の行きっぷりの悪さにはレース始まったばかりだというのにコケそうになりました
ゲートが開いていきなり出遅れ、ずっと熊ちゃんの手は動きっぱなし。
押しても押しても行き足がつかず、ムチまで入れてましたもんね。

後ろのほうばかりに目がいっている間にアサヒが先頭をちゃっかりキープ。

「これは残るのかな。」

なんて思いましたが、さすがアドマイヤが好位から抜けてきました。
テイエムが早々と終わっていたので馬券的には何が勝っても良かったのですが、ナニやら外からいい脚で伸びてきた馬が1頭。

キストゥヘブン?

前走のフラワーCは展開が嵌っただけだと軽視していましたが、その時の勝ちっぷりを再現するような末脚で、これはもう実力を無視するわけにはいかなくなりました。
これで3年連続でフラワーCの勝ち馬が連対することになりましたが、それにしてもこんな追い込み馬が桜花賞を勝つのは珍しくないですか。
それと鞍上が安藤勝騎手だったのには、ちょっと複雑な気分。

しつこいようですが今年の桜花賞、私が狙っていたのはサンヴィクトワールで、Fレビューでの惨敗のリベンジとともに、鞍上のアンカツ騎手も今こそ11年前のライデンリーダーの無念を晴らすときだと、勝手な脚色を考えていたのですが、サンヴィクトワールの回避により、
「アンカツの桜花賞制覇は持ち越しだな・・・。」

と、これも勝手に決め付けていました。
それなのにこの見事な勝利ですから・・・
レース後のインタビューでアナウンサーがそのことに触れていたのには、こちらとしても苦笑いするしかありませんでした。

一年で一番華やかなお祭りは、

今年もこうして夢破れましたあぁぁっ。

今日のその他の馬券。(ヒット馬券って言わないから、結果はもうお分かり?)
忘れな草賞は前走だけで人気になってる馬たちより、ここはパーフェクトジョイで大丈夫でしょう。
未勝利戦ながら距離実績のある馬へ流しましたが、結局1,2番人気で決着。
パーフェクトジョイ、これで人気が落ちるなら次も追いかけることに・・・?
梅田Sは昇級馬が人気のようですが、ブリッコーネも力上位のはず。
好勝負必至のスーパーチャンス、ラッキーブレイクに流すが、きれいなタテ目を食らう。
福島民報杯エイシンヘーベが期待はずれで、やはり昨日で運を使い切っていたようでした(笑)。

今からお花見に行ってきます。
今日の負けは忘れて飲みます(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年4月 8日 (土) | トップページ | 2006年4月12日 (水) »