« 2006年3月26日 (日) | トップページ | 2006年4月 4日 (火) »

2006年4月 2日 (日)

大阪杯&ダービー卿CT 今後の可能性を拡げたカンパニー

春だ、春だーと浮かれていた一ヶ月前よりも、よほど寒いような気がする4月の入り。
もの想う季節、心の迷いから集中力を欠いているのは否めないが、先週は我ながらかなりいい加減で投げやりな予想をしてしまい反省・・・。
気持ちを切り替えて、また今週からはちゃんと予想します・・・たぶん(笑)。

というわけで今週はクラシックに弾みをつけたい大阪杯
ここんとこ毎週のように各地の馬場状態を気にしながらの予想になりますが、関西ではお昼前に甲子園の高校野球が中止になるほどの大雨。
阪神競馬場も良馬場への回復は難しそう。

春の天皇賞を勝ったばかりに、それまでとは違うイメージで捉えてしまいがちなスズカマンボは、本来は阪神2000Mぐらいがピッタリのはず。
3歳時にある意味ライバルだったハーツクライ(いつもマンボのほうが負けていたけれど)がここにきて大ブレークしている今、同世代の力を再認識してみよう。
ただ酷量59キロは不利だし、このあとのG1戦線をにらみ陣営としては春初戦からメイチの仕上げはして来ないのかも知れないが、この馬自身は鉄砲が利くタイプ。
加えて大阪杯と相性がいいアンカツ騎手に好騎乗を期待したい。

逆にこのあとの春天よりもまずこのレースを目標にし、状態も万全と思えるローゼンクロイツは、春天で乗るはずのない(ディープがいるからね。)武豊騎手を起用して勝負をかけてきた。
良馬場ならかなり信頼度は高いような気がするが、馬場が渋っても連は確保しそう。
武クンに乗り替り、断然の1番人気・・・といつもなら買えない材料をあれこれこじつけるパターンなのだが、今回は無理に逆らう気になれない。
私も大人になったということか、それとも今の私、やはり平常心を失っているか?(笑)
もう1頭の人気馬カンパニーは、この馬場では必要ないでしょう。

あとは前走、名古屋のダートで3着まで押し上げたアサカディフィート
高いレベルで好調を維持しているようなので、今なら坂も克服してくれればの期待。
それと阪神でこの馬場で、パワー勝負になったときのカンファーベスト
0604021_1

 



59キロを意識してか早くから前めの位置をキープするマンボの作戦は当然でしょう。
ただ心配なのは、前半に飛ばしすぎて直線でタレることだったが、その心配をよそに直線でも抜け出しそうな期待も持たせ、ゴール前まで結構楽しませてくれました。
この馬、春天の連覇よりも宝塚記念を目標にしたほうが良いと思いますが、そんなことは私が忠告しなくても陣営は分かってるでしょうか。

それにしてもカンパニーが飛び込んでくるとは・・・この馬・・・

道悪は用なしのはずだったんじゃないんですかあ。

距離延長と道悪という2つの不安をまとめて克服して、これから大きなところを狙うための可能性を拡げる価値のある勝利でしょうね。
あとで気がついたら、この馬もハーツクライと同世代でした・・・(笑)。

中山ではダービー卿CT
なんだか頭打ちで一皮向けないメンバーが揃ったような構成。
インセンティブガイが人気のようですが、安田記念への賞金の上乗せが目的なのか、中一週で無理しているような印象。
このメンツなら確実に上位争いを期待できるアルビレオから上昇を見込んで4歳馬勢へ流します。
0604022




ニシノシタン
の大逃げに後続も仕掛けが難しそうで、結果的に差し馬有利でしたか。
しかしここでグレイトジャーニーが来るか。
それほど有利な条件とも思えず、ここはノーマークでした。
前半から好位置で直線まで手応え良さそうだったアルビレオは、ゴール前で勝春騎手が追わなかったのか、追えなかったのか、とにかくおかしな動きに見えましたがどうしたのでしょう。
ゴール前、不可思議な失速でした。

・今日の小ヒットは中山9R、湾岸S
0604023


昇級戦となるエクスプロイトは、なかなかの好メンバーだった前走より、それほど相手強化されたとは思えず、十分好勝負は可能。
昇級初戦のためか、1番人気になっていないだけおいしいとも言える。
先日コメント欄で伝授いただいた日月さんの格言を応用して、2頭の関西馬へ流してみる。
この手薄なメンバーなら、秘かに人気薄のロングアライブの激走を期待したが、上位人気のトウカイワイルドが勝ち、まずまず順当な結果は、これで御の字。
格言のパワーは絶大のようです。

一応、当たりグセを付けたところで来週はいよいよ桜花賞。
サンヴィクトワールが出てこないのは残念だが、あれこれ思いを巡らせて、来週まで楽しみに待ちたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年3月26日 (日) | トップページ | 2006年4月 4日 (火) »