« フィリーズレビュー ますます悩んじゃいます、桜花賞。 | トップページ | 若葉S&フラワーC いよいよクラシックが楽しみになってきましたよ。 »

2006年3月14日 (火)

F1GP開幕戦レビュー・・・みたいなもの。

セナがいなくなって一時期、F1を見なくなった人は大勢いると思います。
そして佐藤琢磨が出てきて、またF1に戻ってきた人も大勢いると思います。
私もそんな大勢のうちのひとりです。

毎年めまぐるしく変わるレギュレーションに、ようやく馴染めてきたころにはシーズンも終盤、毎年そんな繰り返し。
それに対応すべく、各チームはテストにテストをかさね、毎年めざましい進化を遂げるマシンメカニズム。
そういったものに常にアンテナを張って情報を収集していないと、いま持っている知識がすぐに時代遅れのものになってしまうわけで、進化を見守っていくファンを続けていくのもけっこう大変ですよね。

そんなわけでレースを見るのは大好きな私も、決して専門知識に詳しいわけではありませんが、今年もF1GPが第1戦バーレーンGPを皮切りに開幕しましたので、そのことについてちょこちょこっと書かせてもらいます。

予選は予想に反して(?)フェラーリがフロントロー独占
しかしミハエル・シューマッハーはこの予選で、渋滞のために1周タイムアタックが出来ずガソリンをロス。
その1周分少ないガソリンでスタートしたことがレースで影響したと、彼自身語ってますが、ホントに微妙なんですね
それに反してルノー・フェルナンド・アロンソはそれほどシャカリキになってポールポジションを獲りにいかなかったようにも見受けられましたが、どうでしょうか。
それでも4番手スタートから序盤で楽に2番手に上がり、敵はミハエルただひとり。

中盤になってルノーの猛追を受けたフェラーリはたまらずピットイン。
3ピットインの予定を急遽2ピットインに作戦変更し、ゴールまでのガソリンを給油しました。
ミハエルとしてはそれによって多少タイムが落ちても、このあとにピットインするアロンソがピットを出た時点で自分のほうが前にいれば、なんとか抜かせない自信があったのではないでしょうか。
実際、タイム的にはアロンソがピット作業を終えてトップでコースに戻るのは苦しいと思われましたが、ルノー陣営の迅速な対応でコースに戻ったアロンソは、すんでのところでミハエルを交わしトップの位置をもぎとりました。
このときの映像はちょっと凄かったですね。
ホームストレッチを猛然と疾走してくるミハエルとピットからグイグイ加速してくるアロンソが1コーナー手前でサイドバイサイド
ピットを出たばかりのアロンソがインコースにいたぶんコーナーを利して前に出られたように見えましたが、そうなってしまえば、そのままトップの座を譲ることなくゴール。

終わってみれば今年もルノー勝利によるシーズンスタートとなりましたが、今年もルノーの独走を許すようだと、
「他のチームは冬のあいだ、ナニやっとったん?」
ということになりかねませんよ、ホント。

最後までほぼ互角に戦ったフェラーリは、せっかくのフロントロー独占もマッサが序盤で自らのミスで脱落。
その後ミハエルの援護が出来なかったのが痛かった。

昨シーズンの後半、チャンピオン争いを大いに盛り上げ最速マシンとの評価を得たマクラーレンは、開幕前にエンジンの不安を露呈し、このレースでもライコネンが最後方からのスタートとなった時は前途多難かと思わせましたが、そこから怒涛の追い上げ、気がつけば中盤まで激しい3位争いをしていたバトンとモントーヤまでも交わし、見事3位表彰台ゲット。
順調にスタートしていれば優勝争いにも絡んでいたはずで、マシントラブルさえなければ案外、今年のチャンピオン有力候補かも。
蛇足ですが、マクラーレンのニューマシンは、個人的にはテストシーズンのようなオレンジのカラーリングでも良かったと思うのですが、(昔のイエローキャメルのロータスを彷彿とさせるようで・・・)結局、近未来的な精悍なデザインに落ち着きました。
どっちにしても今年好成績を挙げ、ファンの記憶に残る名車になることが一番なんですけどね。

ホンダのバトンは今年も安定して表彰台争いを演じそうですね。
今年のホンダは「今年中に優勝」が目標だそうですが、現状では上位陣にトラブルがあればチャンスってところでしょうか。

いつもしぶとく上位に食い込んでくるウイリアムズは、今年BMWのエンジンを失い厳しい状況の中、2台のマシンがやはりしぶとく6、7位入賞。
期待の新人ニコ・ロズベルグが若さいっぱいの切れ味するどい走りを見せてくれました。
才能のある若いドライバーは、古くはセナ、シューマッハーのようにデビュー後すぐに強力チームから引き抜かれることもよくありますが、私自身、ウイリアムズは以前から好きなチームなので、このところやや低迷しているこのチームを、これからも彼が引っ張っていってくれることを望みます。

さて注目のスーパーアグリですが、やはり最初から期待するのは酷でしょうね。
とりあえず決勝のグリッドに並べただけでもよかったね、ってことでいいんじゃないでしょうか。

というわけで駆け足で振り返ったF1GP開幕戦レビュー(って言えるのか?こんなんで)。
今後、第2戦、第3戦も続けるかどうかはわかりません(笑)。

|

« フィリーズレビュー ますます悩んじゃいます、桜花賞。 | トップページ | 若葉S&フラワーC いよいよクラシックが楽しみになってきましたよ。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: F1GP開幕戦レビュー・・・みたいなもの。:

« フィリーズレビュー ますます悩んじゃいます、桜花賞。 | トップページ | 若葉S&フラワーC いよいよクラシックが楽しみになってきましたよ。 »