« 春のおとずれ 中京競馬開幕! ワタシの予想に春が訪れるのはいつ? | トップページ | 弥生賞をゆるく検証する »

2006年3月 5日 (日)

早起きしました。モータースポーツファン感謝デー

今日は日曜日というのに、私にしては珍しく早起きしてせっせと身支度。
いやいや寝坊している場合ではないんです。
前から行こうと決めていた、「第19回モータースポーツファン感謝デー」が鈴鹿サーキットで開催されるのですから。
天気もバッチリ良さそうだし、張り切って出かけます。

0603051 午前8時に開門ということで、駐車場が混まないようにと7時に家を出て、8時半に現地に着いたけれど、もうすでにかなりの混雑模様。
インターネットでダウンロードした無料招待券を忘れずに持ってきたので、ゲートはフリーパスでOK。
今日ばかりはゴーカートなどの乗り物には見向きをせず、国際レーシングコースをひたすら目指します。

レース場の入り口に着いたときコース上では、鈴鹿F1・20周年を記念して、空撮による人文字をやっていました。
それが終わるまでしばらく待って、いよいよパドック見学からピットウォークへと進みます。

0603053 はじめにGTカーとF1カーのコックピット試乗体験がありました。
よくあちらこちらでF1カーの「展示」は目にすることはありますが、実際にコックピットに乗れるのは滅多にないことですよね。
その感想ですが、GTカーは想像どおりの窮屈さ
腰を左右から固定される感じで、安定感はありますが。
F1カーは、これが意外と予想に反してルーズな感覚
足を前に投げ出し、まるでリクライニングして運転する感じでしょうか。

今回のピットウォークではドライバーの姿が見えないのでちょっと物足りない気がしていました。
よく考えたら、ちょうどトークショー&サイン会をやっている時間だったので、そちらに行ってみたら、トップドライバー8人が顔を揃えていました。
今日は快晴も手伝って、主催者側も予想以上の入場者だったそうで、サイン会では大混雑。
それでもがんばって、お目当ての脇阪寿一選手道上龍選手のサインをいただきました。
脇阪選手や本山哲選手にファンが殺到するのは当然としても、道上選手のところが意外と空いていたのはなぜ?
道上選手はルックスもいいし、なんといっても
ホンダのエースドライバーなのにい!
ただしサイン会が終わって会場を出てからファンに取り囲まれて、サインや写真をねだられていましたけど。やっぱりね。

それと午後からのGTデモ走行のあと、グリッドでNEWマシンを見学していたら近くで人だかりが。
ちらほらと「あれ本山、本山、、、」という声が聞こえたので、さっきのサイン会では本山選手のサインはもらえなかったので意気込んで色紙を持って近づいてみると、その輪の中心にいるのは見知らぬ人でした。
「あれ誰?、知らない人じゃん?」
と思って離れようとして、となりの人がもらったサインをチラッと見たら、そこにはカーナンバーの「22」がハッキリと・・・。

「22って・・・おいおい、あれは山本左近じゃないか・・・

なんとワタクシ、左近選手の顔がわからなかったのです。帽子にサングラスもしていたし・・・(言い訳)
あわてて引き返してサインをいただいてきました。

0603056 とまあ、ミーハーなことばかり言ってますが、デモ走行では、今年から新規参入のマセラッティが直線での早さを見せつけて、台風の目になりそうな予感も。
あと今年からトヨタが投入するレクサスとかは実戦を見ないと、私も素人なのでデモ走行を見ただけではよく分かりませんが、やたらド迫力な音を出してましたね。

とにかく今日はマシンのエンジン音を体いっぱいに感じて大満足でした。

|

« 春のおとずれ 中京競馬開幕! ワタシの予想に春が訪れるのはいつ? | トップページ | 弥生賞をゆるく検証する »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 早起きしました。モータースポーツファン感謝デー:

« 春のおとずれ 中京競馬開幕! ワタシの予想に春が訪れるのはいつ? | トップページ | 弥生賞をゆるく検証する »