« スプリングS&阪神大賞典 リシャール負けちゃった! | トップページ | 高松宮記念 ボロボロ予想&ハーツクライおめでとう »

2006年3月21日 (火)

TOTO「ターンバック」 ヤングミュージックショーで見たジェフポーカロ、カッコよ過ぎ!!

turn_back TOTO「ターンバック」っていうアルバム、ちょっと軽く見られすぎてると思うんですけど。
手抜きしたかのようなジャケットのせいですか。(まさか(笑)!)
それにしてももっと売れて欲しかったアルバムです。

TOTOのいちばん良かったときって、やっぱり初代ボーカリストのボビーキンボールが一時脱退するまでの初期4作じゃないですか。
その4枚のアルバムのなかでは、残念ながら一般的にやや評価が低いのがサードアルバムの「ターンバック」ですよね。
でもその評価はあくまで
「TOTOにしては・・・」
とか
「初期4枚のなかでは・・・」
ということに過ぎないとは思うんですけど・・・。
でも私的にはこのアルバム、大好きです。

「ホールドザライン」という軽快なロックチューンで登場して以来、私自身がTOTOというグループをあくまでハードでポップなロックバンドとして捉えていたので、世間では高い評価を得たセカンドの「ハイドラ」でのプログレッシブな変化は、私にとってはあまり歓迎できるものではありませんでした。

しかしその次に出てきたのが、今度はハードなロックサウンドを前面に押し出したこの「ターンバック」でした。
はじめて聴いたときに、1曲目のイントロの抜群の切れ味に、ガツーんと衝撃を受け、

「そう!こういうのを待っていたのだ!」

って感じで、鳥肌が立ったもんです。
このアルバムがもっと売れていたら、もう少しこの路線でやって欲しかったんだけどなあ。

しかし私がこのアルバムに肩入れする本当の理由は「グッバイエリノア」が入っているから、それに尽きるかもしれません。

このアルバムが発表されたころギター雑誌にコピー譜が掲載されたりして、この曲はギター少年のあこがれの曲だったのです。
かくいう私もこの曲のコピーに挑戦して、イントロのリフを

「ジャ、ジャ~~ン」 「ジャ、ジャ~~ン」

と鳴らしてスティーブルカサーになりきったのも束の間、すぐにギターソロのところで玉砕、挫折してしまったのでした。

この曲はたしかシングルでもカットされていて、もう少しヒットしても良さそうなものだったと思うのですが、ロック少年には支持されても、一般のヒットチャートには向かなかったのかもしれません。

その後’82年の二度目の来日公演の模様がNHKの「ヤングミュージックショー」で放映されました。
はじめはもちろんスティーブルカサーのギタープレイに注目して観ていたのですが、ライブが進行するにつれて熱さを増すジェフポーカロのドラムスが非常にカッコよく見えてきて、

「この人、見掛けによらず渋いプレイするじゃん。」

などと、まだその時はそれまでにもセッションプレイヤーとして数多くの名演を残してきたジェフの偉大さも知らずにのたまった私。
そして確信を持ったのでした。

「TOTOのハードなグルーヴはジェフが作り出しているものなのだ。」

と・・・。

そしてそれ以来ずっとジェフは私がもっとも敬愛するドラマーということになっています。
できればその時の映像がDVDとして正規に発売されてくれるとうれしいのですが、今のところは公式発売されているパリでのライブで、ジェフの雄姿を偲びたいと思います。

|

« スプリングS&阪神大賞典 リシャール負けちゃった! | トップページ | 高松宮記念 ボロボロ予想&ハーツクライおめでとう »

コメント

TOTOのヤング・ミュージックショウのベータのビデオ(ノイズもありますが?)がありますよ。BSで放送したKISSのアニマライズLiveのEDベータテープも高画質であります。少し走査線が目立つけどジャーニーやリック・スプリングフィールドとかのベータ1のテープも持ってます。

投稿: ベータ党 | 2006年4月19日 (水) 22:03

シカゴ、クイーン、ヅービーブラザーズのヤングムージックショウのもありました。

投稿: ベータ党 | 2006年4月19日 (水) 22:05

ベータ党さん、ありがとうございます。
古いものをよく保存してありますね。
これからも大切に、末永くお楽しみくださいね。

投稿: じんぺい | 2006年4月19日 (水) 22:40

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TOTO「ターンバック」 ヤングミュージックショーで見たジェフポーカロ、カッコよ過ぎ!!:

» アイソレーション −TOTO− [WM]
アイソレーション(紙ジャケット仕様) TOTO 曲名評価コメント カルメン ライオン ストレンジャー・イン・タウン エンジェル・ドント・クライ 愛を抱きしめて エンドレス アイソレーション MR.フレンドリィ チェンジ・オブ・ハート ホリーアンナ ただいまレヴューを募集しております。掲載させていた... [続きを読む]

受信: 2006年3月21日 (火) 21:58

« スプリングS&阪神大賞典 リシャール負けちゃった! | トップページ | 高松宮記念 ボロボロ予想&ハーツクライおめでとう »