« 2006年3月14日 (火) | トップページ | 2006年3月19日 (日) »

2006年3月18日 (土)

若葉S&フラワーC いよいよクラシックが楽しみになってきましたよ。

アドマイヤムーンとフサイチジャンク、武クンどちらに乗るんですか。
私ならジャンクに乗りたいです。(聞いてないって)(笑)

今日は馬券は買えなかったけど、東西で見逃せないレースが2つ。
関口オーナーが
「皐月賞を見据えて2000Mにこだわって使っていきたい。」
と言っていたとおり、今日の阪神・若葉Sに出走してきたフサイチジャンク
私はそれなら同じ距離の弥生賞に使ってくるのかとも思いましたが、その辺は乗り役の事情でしょうか。

もっともこの馬、前半はあまり力を浪費せず3コーナーから競馬してるみたいですから、距離が伸びてもそれほど影響ないような気がします。
今日は直線で外めに出し、さあこれからというところでスパッと切れずに、
「ありゃ、これは捕らえきれないかな・・・」

珍しく武騎手のムチが激しく動いていましたが、それでようやく闘争心に火がついたか、じわじわと脚を伸ばしゴール前で当面の敵、キャプテンベガをきっちり差しきりました。
ただし今日の出走メンバーでは、ベガ以外たいしたことないようにも思いますけどね。

それともうひとつ気になるのは、今日も大外ブン回して、もまれる競馬をしてませんが、これは武騎手がベガだけに狙いを定めてレースをしたということもあるでしょうね。
今日の走りは「ナタの切れ味」という印象で、力強さを感じるのは魅力です。

変わっては中山のフラワーC
ちょっと足踏みしたものの前走でようやく2勝目を上げ、混戦模様の桜花賞戦線に、ここで一気に浮上したいフサイチパンドラの走りに注目。
他で気になるのは、アネモネSで権利を取り損ねたプリティタヤスがなりふり構わず連闘で来ましたけど、ちょっと強引じゃないんですか。
あとアイスドールが今日は福永騎手で、変わり身があるかどうか。
パンドラはゲートを出てすぐに角田騎手が他に行く馬はいないか、周りを見回すほどの好スタートは良かったのですが、パンドラ自身がそのまま行きたがって鞍上もちょっと迷ったでしょうか。
結局、なんとか2番手に潜り込ませたが、前を行くビューティーパール速い!速い!
それに付いていって4コーナー手前で交わしたときにはもうバタバタに見えましたが、それでもあそこまで粘るのだから、やっぱりこの馬、強いことは強いですね。
勝ったキストゥヘヴンの直線の脚は見事だったけど、やはり展開的にも素直には評価できないわけで、桜花賞につながるかどうかは疑問。
逆にパンドラは1ハロン短縮の桜花賞がむしろ楽しみになってきました。

フサイチ軍団、明日はリシャールですね。
太めの前走はアドマイヤムーンに負けてしまったわけですが、明日もう少し絞れて圧勝するようだと、皐月賞の主導権を握ることになるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月14日 (火) | トップページ | 2006年3月19日 (日) »