« 2006年3月 8日 (水) | トップページ | 2006年3月11日 (土) »

2006年3月10日 (金)

アナログレコードが聴きたいけれど、レコードプレイヤーがオシャカで・・・。

アナログのレコードって、CDが急速に普及されてきたときには、なくなってしまうんじゃないかと思ったりしたもんですが、今でもけっこう人気あるんですね。
私がちょくちょく顔を出す行きつけのCD屋さんでも、中古のアナログ盤が堂々と店舗の一角を占めていますし、レジのカウンターにはちゃんとレコード針もかなりの種類、並んでいます。

the_capitol_albums_vol12004年に出た4枚組CDBOX「The Capitol Albums Vol.1」は、おそらくCD化されることはないだろうと思われていたアメリカ編集盤がステレオ/モノラル両バージョンで収録され、それぞれの違いを聞き比べるなど、個人的にはかなり楽しませてもらいました。
ビートルズの場合、現行のCDではモノラルで統一されているアルバムも、レコードではステレオで楽しめたり、そもそも未だにCD化されていない編集盤もあるので、アナログレコードもまだまだ捨てたもんじゃありません。
もっともマニアの方にとっては音質の違いこそがアナログにこだわる最大の理由なのでありましょうが、それほどオーディオマニアでもない私にとっても、ビートルズに限らず現在CDで入手困難なアルバムはレコードで聴くしかないわけで、そういうアルバムを何枚か所有していると、思い出したように聴いてみたくなってしまうこともやはりあるわけで・・・。

かくして、ずっと長いこと実家の押入れに預かってもらっているアナログレコードを、今の自宅に復活させるべく、計画は実行に移されたのでした。
いきなり段ボールに入れられた全てのレコードを運び出すまえに、まずは使われていなかったレコードプレイヤーだけを持ち出し、ちゃんと動くかどうか確かめてみることに。
もちろん試験用のレコードも一枚だけ持ってきました。
わくわくしながらプレイヤーを箱から出し、いつも使っているコンポに接続します。
そしてスイッチを入れてみましたが、あきらかに見るからに
回転スピードが遅い
それでももしやと思い、持ってきたレコードをターンテーブルに乗せてまわしてみましたが、やっぱりテンポが遅くて聴けたもんじゃない。

当たり前か!!

何年か前にも一度、どうしても聴きたいレコードがあって、プレイヤーをまわしたことはあるのですが、そのときはちゃんと聴けたはずです。
しばらくの間、原因を探ったり、あれこれ試してみましたが、解決には至らず、今回の計画はひとまず失敗に終わってしまいました。

そうなるとかえって余計にアナログ盤が聴きたくなってきました。
仕方がないのでプレイヤーを買いなおすことも考えていますが、ここ数年のアナログ盤ブームもあるので、家電品屋さんに行けば、安価なものなら1~2万円で手に入るのではないでしょうか。

こうなったら週末の競馬に望みを託したいと思いますが、この結末やいかに。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2006年3月 8日 (水) | トップページ | 2006年3月11日 (土) »