« 2006年2月27日 (月) | トップページ | 2006年3月 5日 (日) »

2006年3月 4日 (土)

春のおとずれ 中京競馬開幕! ワタシの予想に春が訪れるのはいつ?

いつの間にか、もう春なんですねえ。
中京競馬が今日からはじまりました。
せっかく地元なので開催中に行きたいとは思うのですが、でもまだ、この時期の競馬場は風が強くて寒いんですよね。
しかしながら毎年、中京競馬の開催とともに、春を感じずにはいられません。ウキウキ

そんな訳で桜花賞トライアルのチューリップ賞
当初は馬券的な妙味があまりなさそうに思えて、手を出さずに「見る」つもりだったが、常に安定した走破タイムをマークしているシェルズレイがちょっと気になる。
巷ではクラシック候補との呼び声も高いタッチザピークと、素質を期待してのプリムローズヒルスパニッシュソウルへ馬連で流してみます。

スムーズなスタートから岩田騎手が前半はうまく力を溜めているように見えたが、4コーナーを回って、前の3頭が壁になって行き場をなくしたときはこれまでかと思った。
しかしそこから馬群を割って伸びてきたのは立派です。
2着に敗れはしたが、桜花賞も注目の1頭ではないでしょうか。

勝ったアドマイヤキッスは何気にノーマークでした。
たしかに人気ではあったが、未勝利勝ちのあと6ヶ月の休養明けでは素直に買えなかったので。
しかし着差以上に楽勝の印象で、これで一気に
桜花賞候補NO.1かな。

その他のレースでは、次回も狙うと宣言したリボンアートが阪神10Rに出てきたが、今回はそこそこの人気。
しかも1番人気シンボリエスケープとの1、2着では、
当然おいしくない
0603041

 

一方、高松宮記念の前哨戦G3として位置づけられたらしい中山のオーシャンSは、前2走とも5着に敗れてはいるものの、不利・道悪などの不運もあったマルカキセキがやや人気落ちなら狙ってみるべきでしょう。
福永騎手もこの馬は今年期待している一頭だと思うし。
ただ追い切りがよくないとの情報もあるので気にはなるのですが。
同じようにエイシンヘーベも能力がありながら人気が落ちているようだが、時計が掛かれば飛んでくる公算大。
もしかしたら平坦向きなのかとも思うが、それが見込み違いであることを期待して買ってみます。
あとはどうやら絶好調が続いているようなコパノフウジンと中山がイマイチ不向きなのを承知で復調のシーイズトウショウ

CBC賞がそれほど抜けた勝ち方ではなかったわりに、同じCBC賞に出走したマルカが1キロ減、シーイズが据え置きなのに対して、勝ったシンボリグランがいきなりの2キロ増なのはちょっとかわいそうな気がするが、中山実績&1200Mで底を見せていないところで注意は必要か。
アイルラヴァゲインは前走で「チョイ足らずキャラ」に益々の磨きをかけてしまい、ノリちゃんへの乗り替りでも買う気になれない。
シンボリとアイルは3連複なら買ってもいいかな。

コパノフウジンの勢いは止まりませんね。
直線に入ってから反応よく抜け出し、ゴール手前までほとんど勝ったと思ったけれど、それにしてもネイティブハートが勝つとは・・・。
「どうしちゃったんでしょう」
というぐらいの凄い切れ脚。
こんなのは予想できません。

中山10Rは、エクスプロイトが狙い目だったのだが、軸としては手堅そうなシャドウゲートをチョイス。
そこからエクスプロイトとロフティーエイムを押さえたら、見事にタテ目を食らう。

うーん、これは悪いパターンで・・・春は遠い・・・
0603042

 

| | コメント (2) | トラックバック (3)

« 2006年2月27日 (月) | トップページ | 2006年3月 5日 (日) »