« フェブラリーS やっぱり強かったんだね、カネヒキリ。 | トップページ | 阪急杯 幹夫騎手、最後に決めました! »

2006年2月21日 (火)

チープトリック「天国の罠」 青春のヘビーローテーション

heaven_tonightティーンエイジャーの頃、我が家のターンテーブルをヘビーローテーションともいうべき稼働率で、一時期占領していたのが、
チープトリックのサードアルバム「天国の罠」

まだそれほど何枚もアルバムを持っていなかった頃なのでなおさらのことでした。
学生時代に少ないお小遣いのなかでどれを買うか、考えに考えて買った数少ないレコードの中の、特に気に入ったアルバムを何度も何度も聴き返した経験はおそらく誰にでもあることでしょうね。

このアルバムの魅力はアナログ盤でいうところのA面を構成する前半5曲のたたみかけるような流れ。
特に冒頭の3曲で彼らのペースに引き込まれ、そのまま最後まで一気に聴いてしまう。
いきなり1曲目「サレンダー」キラキラきらめくイントロからして強力。
個人的に一番好きな2曲目「オントップオブザワールド」では湧き上がる情熱を淡々と押し殺しながらも押さえきれずにつんのめるような抜群のドライブ感を出し、3曲目「カリフォルニアマン」で思いっきりはじける

この曲はムーヴのカヴァーなのですが、チープトリック・バージョンを先に聴いたせいか、こちらのほうがオリジナルではないかと思えるほど、彼らのサウンドとして消化されていて耳にしっくり馴染みます。
ハードだけどあか抜けているんですね。

そんなわけでお気に入りの一枚だったのですが、ある日友人に頼まれてこのレコードをしばらくのあいだ貸したことがあります。
彼もこのアルバムがすごく気に入って、返す日までほとんどターンテーブルに乗せっぱなしで聴いていたそうです。
しかしどういう聴き方をしていたのか、どんなレコード針で聴いていたのか、数日後に私の元へ返ってきたときにはチリチリ、ザラザラと初めから終わりまでノイズだらけの音になってしまっていました。

それでもめげずに、そのレコードをずっと聴きつづけていました。
その友人もこのアルバムが好きになってくれて、とても文句が言えなかったんです。

ところでこのアルバムには発売当時、初回特典としてソノシートが付録に付いていました。
内容は渋谷陽一氏による解説と、当時未発表だったインストルメンタル曲「オーボーイ」が収録されていました。
ちなみにこの曲は現行CDがリマスター化されたときに、セカンドアルバムにボーナストラックとして収録されて、手軽に聴きやすくなったのはうれしいことです。
けれども、ドラムス担当のバーニー・カルロスの手元にはまだまだ多数の未発表音源が所有されているそうです。

|

« フェブラリーS やっぱり強かったんだね、カネヒキリ。 | トップページ | 阪急杯 幹夫騎手、最後に決めました! »

コメント

ブログへのコメントありがとうございます。フェブラリー、じんぺい様の場合、惜しい予想ですよね。当方の予想は終わってみれば、「悔しく思うのも恥ずかしい」結果でしたが(笑)。チープトリック、リアルタイムで聴いたのが「ザ・フレイム」(これは、名曲です。インパクト強いですよね。)そして、ベスト盤で聴いたビートルズのカバー。懐かしいですよね~。でも基本的に彼らはビジュアル系(アイドル系)に属するんでしょうか?個性的なルックスが案外印象深いのですが。

投稿: よっちゃん | 2006年2月21日 (火) 18:56

おー!懐かしいではありませんか!
当時、私も友人からかりたチープトリックを、ききまくりました。
残念ながら、アルバム名も、曲の名前もおもいだせません。
カセットもなかったので、カセットにもとっていません。
ざんねん。
こんど、レンタルでさがしてみよう。

投稿: みゅーじっくおっさん | 2006年2月21日 (火) 21:55

よっちゃん、こんばんは。
チープトリックはパワーポップファンには根強い人気があり、今でも現役でがんばっているバンドです。
確かに昔はマンガちっくなキャラが若い女性に受けてましたが、30年も経った今では・・・(笑)。
競馬のほうは、あきませんなぁ~。

投稿: じんぺい | 2006年2月21日 (火) 22:34

みゅーじっくおっさん、コメントありがとうございます。
チープトリックを聴かれたのは何年頃のことですか。
彼らのアルバムは一昨年ぐらい(?)に全作品がCD化&リニューアルされているので、見つけやすくなっているかもしれませんね。

投稿: じんぺい | 2006年2月21日 (火) 22:49

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チープトリック「天国の罠」 青春のヘビーローテーション:

« フェブラリーS やっぱり強かったんだね、カネヒキリ。 | トップページ | 阪急杯 幹夫騎手、最後に決めました! »